今日からできるレコーディングダイエット★効果と始め方、継続のコツとは

レコーディングダイエットは特殊な道具や高額なお金は必要なく、誰でもすぐに始められるダイエットです。

無理始められるので、痩せたい方はぜひ実践してみてください。

レコーディングダイエットにはどんな効果がある?

レコーディングダイエットにはどんな効果がある?

レコーディングダイエットとは、毎日の食事や間食など「何を食べたか」をノートや手帳などに記録し、自分の食事内容や栄養バランス、摂取カロリーなどを自覚して食改善を目指すダイエットです。

カロリーの高いものが好きな人やうっかり食べ過ぎてしまう人、間食が多い人は後から自分が何を食べたかを確認することで「ここ、直さないとな」「こんなに間食してたらダメだよね」と反省することができます。

そんなレコーディングダイエットですが、具体的にはどんな効果が期待できるのでしょうか。

健康的に痩せることができる

レコーディングダイエットは、前述したように自分が何を食べたかを記録するのがメインのダイエットです。

記録を後から見直して食生活の改善をしていくものなので「1週間リンゴしか食べない」というような栄養バランスを損ないかねないダイエットや、とにかく食事を制限してひたすら運動しまくるようなハードなダイエットでもありません。

そのため、体に負担をかけることなく健康的に痩せることができます。

無理があるダイエットは短期間で大幅に体重を落とすことができるでしょうが、その分リバウンドが激しかったり、体調を崩したりすることがあるでしょう。

しかし、レコーディングダイエットは過去の食生活を反省し、ヘルシーな食事を取り入れたり間食を減らたりすることを意識して実践するだけでOKなのです。

もちろん、本当に改善していかなければ意味はありませんし、他のダイエットに比べたら劇的に痩せるというものではありませんが、正しく実践すれば健康美を手に入れることができますよ。

食べ過ぎ予防や対策ができる

当然のことですが、食べ過ぎはダイエットの天敵です。

人によっては自分が食べ過ぎていることや、カロリーオーバーしていることに気付かないという人もいるでしょう。

レコーディングダイエットをしていると、そんな食べ過ぎに敏感になることができる上に、対策をとることができます。

レコーディングダイエットは毎日食べたものを記録し、あとから見直すので「あっ、昼は食べ過ぎたな」「この量は多すぎだな」ということに気付き、今後に活かすことができます。

また、食べ過ぎたと気付いたら「今日はウォーキングをしよう」「晩御飯はセーブしよう」と食べ過ぎたことへの対策も取ることができるのです。

レコーディングダイエットを続けていると、そのうち適した食事の量が分かってくるので、食べ過ぎ予防の効果を実感できるでしょう。

自分について知ることができる

レコーディングダイエットでは、主に何を食べたかを記録するのができますが、それを通して自分のことをより鮮明に知ることができます。

例えば昼にたくさんの食事を摂っていた場合「このとき、私どういう状況でどんな気持ちだったのかな?」と思い返してみましょう。

そうすると、朝食が少なくて昼にまとめ食べしてしまったなんてこともあるでしょうが、「午前中の仕事のストレスが多く、昼食をたくさん食べることで発散した」「ランチが美味しそうだったから、誘惑に負けて色々と頼んでしまった」など、様々なことが見えてくるはずです。

それらを知ることで、ストレスや誘惑に弱い自分を知ることができるでしょう。

レコーディングすることで、食べ過ぎたときの自分の感情を思い出したら、次はどうすればいいのかということを考えることができます。

レコーディングダイエットの始め方&継続するコツ

レコーディングダイエットの始め方&継続するコツ

レコーディングダイエットは「毎日食べたものを記録する」というのが大きなポイントです。

基本的には、その日食べたものを見返すときに自分が分かれば問題はないのですが、どのように始めるのがベターなのか知っておきたいですよね。

また、ダイエットするからには、めげることなく続けていくことがとても大事です。

せっかく気合いを入れてスタートしたのに、三日坊主になってしまってはもったいないですよね。

そうならないためにも、レコーディングダイエットの継続するコツもしっかりと押さえておきたいところです。

ノートや手帳に記録する!

レコーディングダイエットの定番の始め方は「ノートや手帳に食べたものを記録する」ということです。

必要なことを書き出すことで自分の1日の食生活を改めて確認することができますし、後から振り返りやすいというメリットがあります。

ノートや手帳に記録する内容は、まずは「どこで食べたか」「何を食べたか」「その日の体重」を書くようにするといいでしょう。

始めたての頃は、レコーディングダイエットに必要な基本的な情報だけでもしっかりと押さえて記録することを心がけることが大事です。

そして記録することに慣れてきたら、推定の摂取カロリーや、その食事量で満足できたかどうかなどの感想も添えるといいでしょう。

そうすることで後から記録を見直したときに、反省すべき点やダイエットが順調であるかがより分かりやすくなります。

レコーディングダイエット用のアプリを活用する!

レコーディングダイエット初心者の人やノートや手帳に書くのが面倒だという人は、レコーディングダイエット用のアプリを使うのがおすすめです。

スマホはいつも持ち歩くものなので、外で食事したときもすぐに記録することが出来て便利でしょう。

ノートや手帳に記録する人だと、出先で書くのが億劫なので「帰ったら記録しよう」と思う人がいるでしょうが、帰宅してからだと「何食べたっけ?」と詳しい食事内容が思い出せなかったり、そもそも記録するのを忘れてしまったりすることがありますが、アプリならそれを予防することができます。

しかし、レコーディングダイエット用のアプリはたくさんあり、どれを選べばいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。

どのアプリもとても便利なので、いくつかのアプリを試してみて、自分が使いやすいと思うものを使うようにするといいですよ。

数ヶ月後の自分をイメージする

レコーディングダイエットを始めようにも、継続させる自信がない人は「数ヶ月後の自分の姿」を想像してみるといいでしょう。

余りにも先だと更にやる気を損ねてしまいますので、2~3ヶ月後くらいをイメージするのがベストです。

順調にダイエットが出来ていれば体型に変化が起きている時期ですし、継続させたらどんな自分になっているかを思い浮かべてみてください。

季節によっては「今年の夏こそはノースリーブを来たい!」「流行りの春物スカートをキレイに着こなしたい!」など、楽しみたいファッションもあることでしょう。

そんな服を着こなしたダイエットに成功している自分を想像するとモチベーションが上がって「諦めないで頑張るぞ!」という気持ちになるものです。

心が折れそうになったときも、レコーディングダイエットに成功した自分の姿を思い浮かべるのが、継続のコツでしょう。

レコーディングダイエットで理想的なボディへ!

レコーディングダイエットで理想的なボディへ!

レコーディングダイエットに興味がある人の中には「本当に食べたものを記録だけでいいの?」と戸惑っている人もいることでしょう。

確かに記録することはとても大事なポイントですが、レコーディングダイエットの肝は「記録した内容を見直す」ということで、記録はそのための手段にすぎません。

詳細に記録しても、その内容を見直して次へと活かせられなければ、それはただの食事日記となってしまいます。

1日の終わりに「今日はどんなものを食べたかな」「明日からはここに気を付けよう」という確認や反省があってこそのレコーディングダイエットなのです。

その点を踏まえた上でレコーディングダイエットを続けていくと、健康的かつ理想的なボディを手に入れることができるでしょう。