遺伝子検査で効果的なダイエット!費用や方法、おすすめキットを紹介

一生懸命ダイエットをしているのに「まったく痩せる気配がない」「努力しているのに成果が出ない・・・」と悩んでいる方は、自分の遺伝子を知ることで、もっと効率的に痩せられる可能性があります。

遺伝子は肥満とも深く関係しており、遺伝子のタイプによって太りやすい食べ物が異なることが分かっています。

ダイエットが上手くいかない方は、自分の遺伝子で太りやすい食べ物を、知らず知らずのうちに食べていることもあり得るので、自分のタイプを知って食生活を見直すようにしましょう。

様々な方面で遺伝子検査は役立っている!

様々な方面で遺伝子検査は役立っている!

遺伝子は塩基の並びによって決められており、DNAに書き込まれた遺伝子の情報は、生涯変わることはありません。

遺伝子の配列はみんなほとんど同じですが、それぞれ0.1%の違いがあり、それが個性となって現れています。

個性のもととなっている遺伝子を調べれば、自分のルーツや疾患リスク、体質などを知ることが可能なため、現在遺伝子検査は現在注目を集めているのです。

遺伝子によって、かかりやすい病気も体質も異なるので、自分の遺伝子タイプを把握することによって、自分の身体的なリスクを予防することができるのも、遺伝子検査が話題になっている理由の1つでしょう。

遺伝子検査がダイエットにも役立つって本当?

遺伝子検査は自分のかかりやすい病気を調べる手がかりにもなるため、医療方面で役立てられることが多いですが、体質を知ることで自分の太りやすい食べ物や、太りにくい食べ物が分かるので、ダイエットにも十分役立てることができます。

「食事制限しているのに全然痩せない」「有名なダイエット方法を試しても効果が出ない」という方は、もしかしたら、遺伝子と相性の悪いダイエットをしているだけかもしれません。

自分の遺伝子に合った食事管理をすれば、過度な食事制限や運動をしなくても、健康に痩せることができます。

しかも、遺伝子の情報は一生変わることがないので、一度遺伝子検査を行えば、生活習慣や食事の注意点などのアドバイスを生涯に渡って活用することが可能です。

どうすれば効率的に痩せることができるのか分からずに悩んでいる方は、遺伝子検査の結果を参考にダイエットプランを考えてみるのもアリでしょう。

日本人に多い3つの遺伝子型と肥満のタイプ

日本国内の遺伝子検査でよく取り上げられるのが、β3AR、β2AR、UCP1の3つの遺伝子タイプで、日本人の肥満と密接に関係していると言われています。

この3つの遺伝子は、標準的な遺伝子と1つだけ塩基(SNP)が異なっており、その違いによってエネルギー消費量に差が出るのです。

遺伝子ごとに、肥満になった際の体型の特徴が異なり、その体型はフルーツに例えて3分類されています。

また、珍しいタイプにはなりますが、肥満リスクの遺伝子がない日本人も稀にいます。

肥満のなり方も適切な食事内容も、タイプによって異なるため、まずは自分がどのタイプかを知るようにしましょう。

りんご型(β3AR)

りんご型(β3AR)

りんご型の肥満体型は、内臓脂肪によってお腹の周りにお肉がついています。

他のタイプに比べてダイエットをすると脂肪が落ちやすい一方で、糖尿病や高血圧、高脂血症になりやすいのが特徴です。

糖質の代謝が苦手なので、白米や食パンを食べるよりも、玄米やライ麦パンを代用するのがおすすめです。

バナナ型(β2AR)

バナナ型(β2AR)

バナナ型は、基礎代謝が平均より1日あたり300kcalほど高いため、一見痩せている人が多いです。

細身の人が多いので、肥満とは縁が無いようにも思えますが、β2ARに変異がある場合は太りにくい代わりに筋肉も付きにくいため、隠れ肥満になりやすいです。

バナナ型の人は、太ると他のタイプよりも減量するのが困難なため、注意が必要になります。

タンパク質が人より活発に代謝されてしまうので、積極的にお肉や卵といったタンパク質を食事に取り入れる工夫をしましょう。

洋ナシ型(UCP1)

洋ナシ型(UCP1)

洋ナシ型は、お尻や太ももに脂肪がつきやすく、下半身が太りやすいです。

脂質の代謝が苦手で、平均と比べて1日の基礎代謝が100kcal以上低くなってしまいます。

日本人の肥満に悩む女性の約1/4は、UCP1に変異を持っているとされています。

脂質の多いお肉を食べる時は、調理法に気をつかったり、脂身をカットする、もしくは脂の少ない部位を選んで食べるようにすると良いでしょう。

アダム・イブ型(リスク遺伝子なし)

アダム・イブ型(リスク遺伝子なし)

アダム・イブ型は、非常に珍しい遺伝子で、このタイプの人は日本人の健常者の中で3%程とされています。

アダム・イブ型は、他の遺伝子タイプのように、糖質や脂質を代謝しにくかったり、筋肉が付きにくいわけではないため、基本的に遺伝子のせいで太ることはないのです。

そのため、自分で生活習慣や食生活が乱れている自覚があるのなら、その点を見直すだけでも肥満は改善します

過剰なカロリー摂取は避けて、日々の生活に適度な運動を取り入れれば、健康的な体重を安定させられるでしょう。

遺伝子検査をするメリット・デメリットは?

遺伝子検査をするメリット・デメリットは?

遺伝子検査をするメリットはたくさんある!

遺伝子検査をダイエットに用いる一番のメリットは、なんと言ってもダイエットの効率が高まる点でしょう。

多くの人がダイエットを続けられないのは、自分に合ったダイエット方法が分からずに食事制限や運動をしているため、効果がなかなか現れずに、諦めてしまうからです。

遺伝子検査の情報をもとに、自分の体に適したダイエットや食事方法を実践すれば、無理なく続けられる他、効果も見えるようになってくるため、継続しやすくなります。

検査の結果はどのタイミングで行っても今後変わることはない他、痛みや体への負担もないので、思い立った時に検査をしておいて損はないでしょう。

専門機関に直接依頼をすると10万円以上の費用がかかるケースもありますが、今は家庭用の検査キットを使えば1万円以下で済ませることができるため、ダイエットの投資のために高価なサプリメントや健康器具を買うよりも安価に痩せる手助けになるのも大きなメリットでしょう。

デメリットも把握したうえで検査するのが重要

遺伝子検査には多くのメリットがありますが、当然デメリットもいくつか存在します。

まず、特別高額なわけではないものの、家庭用のキットで検査をしても4,000~1万円程の費用がかかります。

また、遺伝子検査キットはサプリやダイエット用品と異なり、使用しただけで痩せられるわけではありません。

検査の結果を把握したうえで自分が行動しないとダイエットにはならないため、肥満を改善できるかどうかは結局本人のやる気次第と言えます。

検査は綿棒で口内の細胞をとるだけで済むので、体に傷が付いたり病気に感染するといった身体的なデメリットはないのでその点は心配いりません。

遺伝子検査はどこで受けられる?

遺伝子検査はどこで受けられる?

遺伝子検査は、病院に出向いて大掛かりな検査が必要だと思っている人も中にはいますが、現代では、自宅で簡単に調べることが可能です。

ネットを利用して検査キットを購入できるので、近場に医療機関が無い方でも全く問題ありません。

検査内容も、専用の綿棒で頬の内側を擦るだけで済むので、痛みも手間もかからないので安心して検査できます。

遺伝子検査の流れ

1.遺伝子検査キットを注文する

遺伝子検査キットを販売している研究所や検査室のHPへアクセスし、検査キットを購入します。

通常3~5営業日程で自宅に届くので、キットを受け取り、中身を確認します。

注文した検査キットによって、多少内容は異なりますが、主に検査の概要説明書やサンプルの採り方説明書、解析依頼書、同意書、サンプル採取用の綿棒、返送用封筒が入っています。

2.遺伝子検査をする

口を水でゆすいで、口内を綺麗な状態にしてから検査を行います。

サンプルを採るために、頬の内側に綿棒を押し当て10回程回転させ、もう片方の頬も同様に内側を綿棒で擦ります。

使用した綿棒を10分程乾燥させ、乾いたら綿棒が入っていたケースに入れてフタを閉じます。

3.検査キットを送る

解析依頼書や同意書に必要事項を記入し、綿棒の入った採取キットと一緒に返信用封筒へ封入します。

封筒をポストに投函したら、あとは解析結果が届くのを待つだけです。

4.結果を確認する

キットを送付してから、2~3週間程で解析結果が届きます。

結果の確認方法は、郵送で送ってくれる所もありますが、パソコンやスマホを利用してWebで閲覧するものが主流です。

結果を確認することで自分の遺伝子タイプが分かるのはもちろん、医療機関ドクターからのアドバイスや、自分に合った食材、オススメのレシピなども紹介してもらえるので、これからのダイエットに役立てることが可能です。

結果を参考に、自分に合った食事内容へ改善して、健康的なダイエットを始めましょう。

遺伝子検査キットの選び方は?比較するポイントを解説!

遺伝子検査キットの選び方は?比較するポイントを解説!

1.目的に合った検査内容かどうか

遺伝子検査と一言でいっても、がんや生活習慣などの病気のリスクを調べる物もあれば、祖先などの自分のルーツを調べる物、学習能力や運動能力といった自分の素質を調べる物など内容は様々です。

遺伝子検査さえすれば全ての結果を教えてくれるわけではないため、自分の目的に合った内容の検査を受けるようにしてください。

中には、一度の検査で複数の内容の検査結果を教えてくれる、オール・イン・ワンタイプの検査キットも発売されていますが、細かな内容までは教えてもらえないため、ダイエットに活かすなら専門の遺伝子検査キットを利用するのが懸命です。

ダイエットのために遺伝子検査を受ける場合は、肥満遺伝子を検査するキットを購入するようにしましょう。

2.検査キットの安全性

遺伝子検査は、日本のみならず全世界で注目を集めており、様々な研究所が遺伝子検査キットを提供しています。

しかし、海外では「双子の遺伝子を送ったのに、合致しない結果が来た」「冗談でペットの遺伝子を検査に出したのに、人間ではないことを指摘されなかった」などの話もあり、適当な結果を提示している所もあるので注意が必要です。

日本ではこのような事件は起こっていませんが、安さなどを重視して海外の格安キットなどを使うと正しい結果が得られない場合もあります。

海外の業者だと、どのような水準で解析が行われ、得られた情報の管理をちゃんとしているのか不明な所も少なくありません。

安全性を重視するなら、国内で遺伝子解析を行っている検査キットを購入するのが懸命です。

3.検査キットの価格

どの遺伝子検査キットを購入しても、検査の方法は変わりませんが、提供している所によってキットの値段は多少異なります。

高価な物ほど良い商品とは断言できませんが、基本に値段がそれなりに高い商品は、検査の結果を細かく解説してくれるため、基本的な情報に加えてさらに詳細が知りたい方にオススメです。

高価な物だと1万円以上の物もありますが、遺伝子検査キットの相場価格は4,000円~6,000円程であるのに加えて、何度も受ける必要はなく、一度受けてしまえば今後ずっと活用できるため、それ程痛い出費にはならないでしょう。

できるだけコストを抑えたいのか、どうせ受けるなら事細かに結果を知りたいのか、自分の優先順位を踏まえて選ぶようにしてください。

4.検査後のフォローの充実度

遺伝子検査の結果を提示するだけの所もあれば、結果を踏まえたうえで何をするべきかをアドバイスしてくれる所もあります。

遺伝子のタイプに合った料理のレシピや、運動方法、ダイエットメニューなどを教えてくれる所もあるので、検査後のフォローがどのくらい充実しているのか、購入前にチェックしておいて損はないでしょう。

また、電話カウンセリングや相談ができる特典を設けている所もあり、購入する検査キットによってアフターフォローの方法は様々です。

検査結果の報告以外にどのような特典があるのか気になる方は、検査キットの公式サイトなどを参考に確認してみましょう。

【価格順に紹介】今おすすめのダイエット用遺伝子検査

検査方法は基本的にどこの遺伝子検査も同じですが、単に検査結果を知らせるだけでなく、ダイエットに関する様々なサポートを提供している所もあります。

初めての検査でも安心して利用でき、検査後も充実したサポートを展開している商品を、価格順に紹介します。

管理栄養士&トレーナーに無料相談ができる“ FiNC”

管理栄養士&トレーナーに無料相談ができる“ FiNC”

モデルの長谷川理恵さんもオススメする商品で、最も手ごろな価格で遺伝子検査が行えます。

「糖質による太りやすさ」「脂肪燃焼のしやすさ」「タンパク質の分解力」の3つの視点から、自分の傾向を教えてくれるシンプルな設計です。

プロ監修のレシピ&フィットネスメニュー20選ももらえるので、方法に悩んでしまう方もダイエットが始めやすいようサポートされています。

さらに遺伝子検査の利用者は、FiNC専属の管理栄養士やプロトレーナーに毎日無料でダイエットの相談が行え、チャットでリアルタイムに疑問や悩みを解消できるサービスが好評です。

商品名 価格
肥満遺伝子検査キット 3,900円(税抜)

自分に合ったレシピを教えてくれる“ジーンライフ”

自分に合ったレシピを教えてくれる“ジーンライフ”

ジーンライフでは検査で自分の遺伝子タイプを確認できるのはもちろん、専用アプリで体重や体脂肪の管理も可能となっています。

また、タイプに合わせたレシピブックも閲覧できるので、ダイエットの為の献立を考える手助けにもなります。

検査後も、サポートスタッフが質問や相談を受け付けているので、遺伝子検査についての疑問や、ダイエットの悩みを解消できるのもポイントです。

検査結果の確認方法がWebでの閲覧のみなら3,980円ですが、Web以外に郵送でも送って欲しい場合は5,980円と、価格が異なるのでその点は注意してください。

商品名 価格
GeneLife DIET 肥満遺伝子検査 3,980円(税抜)
※検査結果をWebのみで報告

トレーニングメニューを考案してくれる“遺伝子博士”

トレーニングメニューを考案してくれる“遺伝子博士”

検査後におすすめの食べ方や太り方の特徴、太りにくい食べ順などを解説してくれるだけでなく、タイプに合った効率的なダイエット方法も教えてくれます。

遺伝的体質に合わせたトレーニングを、動画付きで解説してくれるうえに、17のトレーニング方法の中から必要なものを組み合わせ、オリジナルのダイエットメニューを考案してくれます。

毎日メニューを提示してくれるので、自分でトレーニングの内容を考えるのが苦手という方にもピッタリです。

さらに、遺伝子検査結果をもとにダイエットサプリを提したりと、様々な方面からダイエットのサポートを受けられます。

商品名 価格
ダイエット遺伝子検査キット 5,800円(税抜)

最適なダイエットプランを提案“DNA SLIM ダイエット遺伝子検査キット”

最適なダイエットプランを提案“DNA SLIM ダイエット遺伝子検査キット”

大阪大学大学院の遺伝子治療学特任准教授・勝谷友宏先生が監修した、信頼性の高い遺伝子検査キットです。

5種類の肥満遺伝子を検査することで、「食行動」「必要な栄養素」「太りやすい食べ物」「最適な運動の種類」「脂肪のつきやすい部位」「基礎代謝の高低」を分析することができます。

肥満タイプが分かるだけでなく、食事や運動のアドバイスや243種類から最適なダイエットプランを提案してくれるので、具体的な行動に結びつきやすいのも魅力です。

これから本格的にダイエットを始めたい方、色々なダイエットをしても上手くいかなかった方は、特に有益な情報が得られます。

商品名 価格
DNA SLIM ダイエット遺伝子検査キット 6,750円(税抜)

遺伝子解析の正確性に自信“肥満リスク遺伝子検査”

遺伝子解析の正確性に自信“肥満リスク遺伝子検査”

とくダネやNEWS ZERO、さんタクなどでも紹介され、話題になった肥満リスク遺伝子検査は、現役医師開発の検査・解析により99.999%の正解率を誇ります。

「交感神経・副交感神経」「脂肪分解レベル」「脂肪燃焼効率」の3つから体質を解析し、さらにパーソナルトレーナーから自分に合ったトレーニング方法を教えてもらうことが可能です。

検体暗号化のシステムを導入したことにより、個人情報と遺伝子情報が結びつかないよう管理することで、情報保護・漏洩対策も徹底しているので安心して依頼ができます。

商品名 価格
肥満リスク遺伝子検査 10,000円(税込)

肥満から病気まで一気に解析!“MY CODEヘルスケア”

肥満から病気まで一気に解析!“MY CODEヘルスケア”

肥満や長生きの可能性といった体質から、生活習慣病・がん・難病などの病気のかかりやすさまで、自分の体をトータルで検査できるキットです。

ダイエット目的だけでなく、これを機に自分の体をしっかりと見つめなおしたい方に、特にオススメできる検査と言えます。

経産省連携のCPIGI認定を受けており、健全かつ適正なサービスであることが保証されているため、初めて利用する方も安心です。

病気の発症リスクを抑えるための生活改善マンツーマンサポートも実施し、手厚いフォローが受けられるのも魅力と言えます。

商品名 価格
MY CODEヘルスケア 29,800円(税抜)

遺伝子検査を役立てて効率的にダイエットをしよう!

遺伝子検査を役立てて効率的にダイエットをしよう!

遺伝子検査を受けるだけではダイエットにはなりませんが、検査結果を参考に食事内容やダイエットメニューを考えるのは非常に有効です。

今までは食事制限や運動をしても肥満が改善できなかった人でも、自分の体質に合ったダイエット方法を身に着けることで、健康的かつ効率的に痩せることができるでしょう。

しっかりと自分の体質を把握しておけば、無理なダイエットで体を壊したり、リバウンドに悩むこともありません。

遺伝子検査は自宅で簡単に受けられるうえに継続して受検する必要はなく、一度の検査を生涯役立てることができるので、興味がある方は一度自分の遺伝子について知ってみるのも良いでしょう。