栄養抜群!美容・健康効果が期待できる発芽玄米「発芽玄米の底力」を実食体験

「白米よりも玄米の方が体に良い」という事はよく言われていますが、さらにそのパフォーマンスを引き出し、より高い効果を見込めるのが、「発芽玄米の底力」です。

栄養たっぷりなのが嬉しいところですが、気になる味や価格を実際に試して、感想をお届けします。

「発芽玄米」って普通の玄米とは違うの?

「発芽玄米」って普通の玄米とは違うの?

意外と知らない!白米と玄米の違い

最も良く家庭に出されている白米は、収穫した稲のもみ米(お米の粒)を白くなるまで精製したものです。

一方、玄米は白米ほどしっかりと精製せず、糠(ぬか)や胚芽を残した状態のお米の事を指します。

最近、野菜の皮に含まれる栄養素が着目されているように、玄米も糠や胚芽を残す分、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの含有量が多くなっています。

このことから、白米に比べて美容健康効果が高いと注目され、食生活の乱れがちな現代社会で注目されるようになったのです。

発芽玄米は、玄米より栄養価が高くなる!

糠・胚芽を残して精製された玄米のうち、少しだけ発芽(成長)させた状態のものが「発芽玄米」です。

玄米の中には多くの酵素や栄養素が蓄えられているのですが、これが発芽することによって活性化し、栄養の量が増えていきます。

つまり、玄米をそのまま食べるよりも発芽玄米の方が栄養価が高く、より一層健康や美容に役立つという事なのです。

発芽玄米に含まれる栄養

栄養素 役割・働き
食物繊維 水分を吸収して体積を増やし、腸を刺激して排便を促す。
腸内細菌により分解されると、善玉菌のエサになり、腸内環境を整える。
糖や脂質などを吸着・排出し、生活習慣病を防ぐ。
ビタミンB1 糖質をエネルギーに変え、体の栄養源を作り出す。
皮膚・粘膜の健康を保つ。
ビタミンE 抗酸化作用によって、体の老化を予防する。
血管の健康を保ち、赤血球の破壊を防ぐ。
マグネシウム 体のエネルギー生成のサポートを行う。
神経の高ぶりを抑える。
血圧を正常に維持・コントロールする。
γ-オリザノール 自律神経のバランスを整え、性状に保つ。
耐熱性のある高い抗酸化作用で、体の老化を防ぐ。
血中コレステロールや血糖を下げる。炎症やアレルギーを抑制する。
GABA 抗ストレス作用により気分を落ち着かせ、リラックス効果・安眠効果をもたらす。
血中コレステロールや中性脂肪、血圧を下げる。
腎臓・肝臓の働きをサポートする。

しっかり芽の出た「発芽玄米の底力」が凄いワケ

しっかり芽の出た「発芽玄米の底力」が凄いワケ

国立循環器病研究センターと共同で開発

発芽玄米には様々な嬉しい働きがありますが、特に心臓や血管・血液などの循環器にもたらす効果が優れています。

健康に関わる事業も多数展開する大手企業SBIが提供する【しっかり芽の出た「発芽玄米の底力」】は、国立循環器病研究センターと共同開発し、より一層の高い栄養価を目指して作られました。

上記で紹介した多くの栄養が豊富に含まれているという点はもちろん、さらに独自技術によって天然アミノ酸ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)を使った発芽を実現しました。

ALAを発芽に用いる事により、発芽玄米の栄養価をより一層高めることができ、他の製品よりも力強く美容と健康を支えてくれます。

「おいしい」「簡単」「食べやすい」の3拍子

発芽玄米の底力は1食分(160g)がパウチに入っており、電子レンジで温めればすぐ食べることができます。

玄米は普通の白米と違い、炊飯の手間がかかるため懸念される事も多いですが、発芽玄米の底力なら3食食べても全く手間がかかりません。

しかも、500~600Wで約3分温めるだけという時間の短さも魅力で、食べたい時にすぐ用意できるというのもかなりの魅力です。

共働きや育児で食事の用意が大変なご家庭、ご飯を炊くのが面倒な一人暮らしの方、食事の支度に不安のあるご高齢者など、幅広い世帯で活用することができます。

国産原料100%使用で安心

発芽玄米の底力は、淡路島産のヒノヒカリを100%使用して作られています。

国産の玄米は熱殺菌をしたのち、細菌検査を行って、安全に届けられる様しっかり配慮されていますので、毎日食べ続けても安心です。

雑菌の繁殖を抑えることが出来る独自工程なので、玄米特有の癖のあるニオイも抑え、食べやすい製品に仕上がります。

さらに、発芽の工程では弱アルカリ性のミネラルウォーターを使い、良質な水でおいしく発芽できるようこだわっているのも特徴です。

ヒノヒカリは温かくても美味しいですが、冷めても柔らかく甘みが増すという特徴があり、家庭の食事からお弁当までいつでも美味しく食べられます。

本当に美味しいの!?発芽玄米の底力を実食レポート

超簡単に用意できるから嬉しい!

超簡単に用意できるから嬉しい!

発芽玄米の底力は、パウチを裏表にしてそのまま電子レンジに入れ、3分温めるだけという簡単工程で準備できます。

ご飯の準備が忙しい朝や、お腹が空いて待ちきれない時、炊飯を忘れてしまった時などに大活躍です。

加熱後は蒸気によって袋が膨らみますが、1分も経たずに蒸気が排出されますので、袋が凹んでから取り出すと安心です。

袋から出した発芽玄米は柔らかめ

袋から出した発芽玄米は柔らかめ

今回は、加熱直後に袋から取り出しましたが、パウチの内側に発芽玄米がひっついてしまう事もなく、パッと取り出せたのが地味に使いやすかったです。

取り出す度に、スプーンやお箸で掻き出す作業がないので、毎日心地よく使えると思います。

加熱した発芽玄米の底力を袋から出してみると、いわゆるレトルトご飯のように、少し水分多めの状態になっていました。

玄米を自分で炊飯すると少し硬めになることが多いので、むしろ柔らかい方が口当たりが良くて食べやすいです。

白米よりも粘り気が強め!ちょっと量が多いかも

白米よりも粘り気が強め!ちょっと量が多いかも

普段家庭であまり玄米を出さないのですが、発芽玄米の底力を食べた感触としては、普段の白米よりも粘り気が強いように感じました。

少し冷ましてみると粘り気が少なくなったので、お好みで少し置いてみるのも良いかもしれません。

玄米ならではの味の癖は少し感じましたが、他の製品に比べると食べやすい方だと思いますし、毎日食べ続けやすいお味です。

1袋160gという内容量は、我が家のお茶碗1杯分よりも少し多かったので、女性にはちょっとボリュームが多いように感じました。

カレーやシチューなど、ご飯をたくさん食べる料理では丁度良かったですが、その他は少し残し気味になってしまったのが残念です。

気になるコスパは・・・少々高め?!

気になるコスパは・・・少々高め?!

発芽玄米の底力は、通常価格で1袋378円と少し高めなので、毎日続けるとなると少し負担が気になります。

一般的に、玄米は吸水や炊飯にかなり手間がかかるので、この工程をかけることなく食べられる事を考えると妥当と言えそうです。

初回トライアルセットは52%OFFになっており、1袋あたり180円と半額以下になるので、味が気になる方はこちらで試してみると良いと思います。

また、毎日続けたい方には30包入り20%OFFの定期セットがあり、1袋あたり302円とやや安く購入できます。

「発芽玄米の底力」なら、手間なく健康を取り入れられる!

「発芽玄米の底力」なら、手間なく健康を取り入れられる!

SBIの発芽玄米の底力は、電子レンジで3分温めるだけで栄養価の高いご飯が食べられる、かなり優秀な製品と言えます。

1食あたりの価格は白米に比べると高いですが、健康や美容に効果があり、しかも手間がほぼかからない事を考えると、少しコストがかかっても購入するだけの価値があるでしょう。

少し粘り気と水分が多いですが、他の玄米製品に比べると食べやすい味で、どの家庭でも取り入れやすいと思います。

初回トライアルセットや定期セットなど、割引価格で購入できるものもあるので、より安く購入する事も可能です。

食生活の乱れが気になるご家庭、美容・健康効果を高めたい方、すぐできる健康ご飯をストックしておきたい世帯で活躍すると思います。