化粧品には消費期限があった!実は知らない使用期限の謎

女性にとって化粧品は必需品ですが、実は使用期限がある事はご存知でしょうか?

食べ物に消費期限がある様に、期限をすぎ古くなった化粧品を使い続けると肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

今回は、あまり知られていない「化粧品の消費期限」について詳しく見ていきたいと思います

使用期限がある!?化粧品に消費期限の記載がない訳とは?

使用期限がある!?化粧品に消費期限の記載がない訳とは?

未開封は絶対条件!化粧品はどれくらいもつの?

化粧品のパッケージには、使用期限の記載がないものも多くあります。

しかし、記載がないからとずっと使用し続けていても大丈夫かといえばそうでもありません。

化粧品に使用期限の記載がない事には理由があり、医薬品医療機器等法において「製造または輸入後の、適切な保存状況において3年を超えても正常な品質が安定なものには使用期限の表示を行わなくてよい」と記載があります。

この事により、未開封である事を前提とし3年以上の品質の保証ができる化粧品には、使用期限などの記載の義務はない事となります。

使用期限が3年未満の化粧品にはしっかりと期限の記載があります。

しかし、3年以内だから大丈夫というわけでなく、未開封である事がとても重要となります。

なぜかというと、化粧品の多くには油分が含まれており、開封した後だとどんどん酸化が進み化粧品の品質が落ちていってしまうからです。

その為、未開封の化粧品は3年以内に開封後はなるべく早く使用しましょう。

オーガニックや無添加の化粧品はどれ位もつの?

一般の化粧品には防腐剤や保存料などが含まれているので未開封であれば3年、開封後でも早めに使いきる事が理想ですがものによって1年以内と期限が長く持たれています。

しかし、オーガニックや無添加の化粧品は天然成分で保存料などが含まれていない為、2~3ヵ月(1シーズン以内)で使い切る事が必要となります。

きちんと保存・保管しているからといって、一般の化粧品と同じような期限の感覚で使用するのは肌トラブルにも繋がるので注意しましょう。

形状によっても違う!?アイテム別の使用期限もチェックしてみよう!

化粧下地&ファンデーション

化粧下地&ファンデーション

リキッドタイプのファンデーションは半年、パウダーファンデーションは1年以内が使用期限となります。

パウダーよりリキッドタイプのが水分が多いので菌の繁殖も酸化も早く進む為、期限が短めとなっています。

パウダータイプも1年となっていますがパフなどから雑菌が付着する為、パフの管理にも気を付ける必要があります。

アイシャドウ&ライナーなど

アイシャドウ&ライナーなど

アイシャドウは、クリームタイプで半年・パウダータイプで1年以内となっています。

アイライナーは、リキッドタイプは3ヵ月・ペンシルタイプは削る事が出来る為リキッドタイプより長めの1年となります。

マスカラは液体なので3ヵ月です。

粘膜や目のぎりぎりに使うアイメイク用品は、化粧品の中でも1番注意が必要となります。

汗や涙は雑菌にとって格好の餌となり繁殖がしやすく、目の周辺の肌はとてもデリケートなので炎症を起こした時のダメージも大きくなってしまう為です。

口紅&グロスなど

口紅&グロスなど

口紅やグロスの使用期限は、約3ヵ月です。

色や種類が豊富でついつい多くなりがちですが、目と同様に菌が繁殖しやすい環境である事と皮膚が薄く炎症を起こしやすい観点から短めの期限となっています。

基礎化粧品(化粧水・乳液・洗顔など)

基礎化粧品(化粧水・乳液・洗顔など)

直接素肌に使用する為のものなので、期限は半年と少し短めです。

何も使用していない状態の肌に、品質が劣化してしまったものを使用すると肌がダメージをうけ、ニキビや吹き出物の肌荒れを引き起こしかねません。

お風呂場や脱衣場に置きがちの洗顔料やクレンジングなどは、湿気のせいで質が落ちるのも早いので特に気を付けましょう。

化粧品の保管方法ってどうしてる?正しい保存の仕方を確認しよう!

化粧品の保管方法ってどうしてる?正しい保存の仕方を確認しよう!

高温多湿を避けた場所で保存しよう!

お風呂場や脱衣所などは、湿度が高くなりがちで菌の繁殖を促してしまうので保管場所としては避ける様にしましょう。

また、直射日光が当たる場所も成分が分離してしまう事もあるので気を付け、なるべく涼しい場所で保管するようにします。

意外と忘れがち!蓋はしっかりと閉めよう!

すぐに使うからと蓋がゆるんだ状態で保管していると、隙間から空気が入り酸化のスピードを速めてしまいます。

また、菌の繁殖も同時に速めてしまう事になるので、面倒でも毎回しっかりと蓋を閉めて管理しましょう。

パフ・ブラシは清潔に!リップ類も直接でなくブラシを使おう!

どれだけ化粧品本体を丁寧に使用しても、それを使用するパフやブラシが不衛生では意味がありません。

その為、使用のたびに使い捨てにするか1週間に1度は専用洗剤も販売されているので洗って清潔を保ちます。

また、リップや口紅を直接使用すると菌の繁殖が早まってしまうので、少し手間だと思ってもブラシを使用する事がオススメです。

こうなったら使用はやめよう!化粧品の劣化チェックを

こうなったら使用はやめよう!化粧品の劣化チェックを

化粧品の劣化のポイントは大きく分けて3つあります。

成分の分離や沈殿・変色・臭いです。

元々、使用前に振って使用する化粧品以外のリキッドタイプの商品は目で成分が分離していないかなど見た目の変化をしっかり確認する事が大切です。

また香りがついている商品もありますが、明らかに鼻を刺すような臭いなどは腐敗している可能性もあるので、元からの匂いとは違う物を感じたら使用はやめておきましょう。

また、透明だった液体が濁っていたり白かった乳液が黄色味がかかっていたりしたら要注意です。

毎日使う化粧品こそ、適切な保存方法を守って早めの使用を!

毎日使う化粧品こそ、適切な保存方法を守って早めの使用を!

女性にとって化粧品やスキンケア商品は欠かせない物ですが、肌を綺麗にするはずの化粧品も保存方法が良くなかったり、いつ購入したのかもわからない化粧品ではお肌にダメージを与える事になってしまいます。

化粧品は衛生品なので綺麗で清潔に使い期限内といえども開封後は早めに使い切る様に心掛けましょう。