女性が結婚を機に転職するなら、タイミングはいつ?不利になることはあるの?

結婚を機に転職するならタイミングはいつ?不利になることはあるの?



結婚を機に転職!どのタイミングがいいの?

結婚は女性にとっても男性にとっても、大きな人生のターニングポイントですよね。

大切な人と家族になれる喜びと、それに伴い色々な生活の変化に戸惑う人も多いはずです。

これまでは自分のペースでしてきた仕事も、結婚を機に転職を考える人、新居の場所によっては転職を余儀なくされる人など、さまざまな理由で転職を考えると思います。

今回は、結婚に伴って転職を考えた時の、タイミングはいつがいいのか?メリット・デメリットはあるのか?について見て行きましょう。

転職活動をはじめる前にするべきことは?

はじめに結婚が決まってから転職活動を始める前に、パートナーと話し合っておきたい事が大きく分けて3つあります。

家庭においての家事の分担

家庭においての家事の分担

「家事と言えば女性」というイメージがまだまだありますが、共働きの家庭においてパートナーの家事の協力は必要不可欠になります。

お互いの得意な家事を行えるのが一番ですが、出社時間や帰宅時間、休日が違えば出来る事と出来ない事があり、分担内容も変わっていきます。

一つ一つ明確にして、お互いが気持ちよく生活出来るように、家事の役割をしっかりと決めておくことが大事です。

出産・子育て

出産・子育て

女性にとって結婚と同じ位、大きなターニングポイントでもあるのが出産です。

結婚後、どのタイミングで妊活をするのかは、今後の2人の将来設計にとってとても大事なことです。

転職活動をするタイミングにおいても、夫婦二人の時間をしばらく満喫するのか、すぐにでも妊活するのかによって転職への考え方が変わってきます。

出産後に職場復帰をするのか、退職して家庭にはいるのかなど、妊娠・子育てに対するお互いの理想や希望をしっかりと話し合っておくことが大切です。

家計のやりくり

家計のやりくり

今までは自分で自由に使えていた給料も、結婚をすると夫婦の共有財産になります。

自分だけでなく相手や家庭全体、将来のことも考えなければなりませんから、どのようなお金の使い方をしていくのか、やりくりの内容が今まで以上に大切になっていきます。

月にどれほど貯蓄したいのか、生活費はどれ位で切り盛りするのか、どちらが全体の家計を管理するのか、お金の価値観をきちんと話しておくことも重要です。

また、家計全体の収支や貯蓄のことを話し合っておくことで、転職の際に給料・賞与などの待遇面を考える参考にもなります。

この3つの事は、夫婦にとってとても大切な内容です。

しっかり話し合った上で転職活動を始めると、転職先や転職時期を考える上で生活に合った絞り込みができるので、より満足度の高い転職が行えます。

転職のタイミングはいつがいい?

結婚に伴う転職を考える上で、悩むのがタイミングかと思います。

転職が決まってから結婚するのがいいのか、結婚をしてから転職をするほうがいいのか、この2つのメリット・デメリットについて見て行きたいと思います。

結婚前に転職することのメリット・デメリットとは?

結婚前に転職することのメリット・デメリットとは?

結婚前に転職するメリット

新しい職場に慣れておく事により、家庭生活と仕事の両面が円滑に進められ、精神的な負担が少なくなる。

結婚前に転職活動をすることにより、選択肢の幅が広がり、心機一転して転職活動に望める。

職場の人と信頼関係を築くことで、妊娠・出産の際にも理解を示して貰いやすくなる。

結婚前に転職するデメリット

結婚準備と転職活動が同時進行になるため、身体的・精神的に大変な思いをすることがある。

転職後すぐに産休・育休を取得しなければならなくなった際、職場の人の負担を増やしてしまったり、仕事を覚えるのが遅くなる。

結婚後も仕事を頑張りたい人、キャリアアップを目指したい人、しばらくは夫婦二人の時間を楽しみたい人は、結婚前の転職活動がより自分の理想の職場を探せると思うのでお薦めです。

結婚後に転職することのメリット・デメリットとは?

結婚後に転職することのメリット・デメリットとは?

結婚後に転職するメリット

ライフスタイルと職場のバランスを考えながら、転職活動を進めることが出来る。

結婚の準備に追われることなく、落ち着いて転職活動に臨める。

新姓に変わっているので、各種変更などの面倒な手続きがない。

結婚後に転職するデメリット

転職直後に産休・育休を取ることになると、職場の人の業務負担が増えるだけでなく、自分も仕事に慣れず不利になってしまう。

結婚後に作りあげたライフスタイルに合わせて転職活動を行うので、選択の幅が多少狭まる可能性がある。

結婚後の職業や雇用形態にこだわらない人、家庭を優先したい人、すぐに妊活に入りたい人などは、ゆっくりとライフスタイルに合わせた転職活動が出来るので、結婚後の方がお薦めになります。

転職成功法は「人生プランニングをすること」

転職成功法は「人生プランニングをすること」

結婚・転職を同時期にする時のタイミングについて見てきましたが、結婚前、結婚後それぞれの転職時期に一長一短がありました。

結婚前にしても結婚後にしても、転職を考える時にもっとも重要なのは、夫婦での人生プランニングといえるのではないでしょうか。

結婚してすぐに子供をと考えるのならば、結婚後落ち着いてからの転職活動の方が、新しい職場の人達の負担を考えると良い選択と言えます。

結婚後しばらくは夫婦のみでと考えるならば、結婚前に転職活動する方が、メリットは増えることでしょう。

また、年齢や職種、雇用形態によっても適切な転職のタイミングは変わるものです。

結婚を機に転職をする時は、夫婦で人生プランニングを立ててから転職をするのが、納得して職場を選べる一番の近道なのかもしれません。