【プロ執筆】30代が行うべき肌のお手入れ!美肌を維持する秘訣をご紹介!

40代に差し掛かると、30代では経験しなかったような肌トラブルに見舞われたり、肌の老化が急に顕著に現れたりするように感じることがあります。

しかし、30代のうちからしっかりケアをしておけば、40代の肌トラブルを最小限に食い止めることができるでしょう。

20代のお肌とはどのように変化しているのか、また、30代でやるべきお手入れは何なのか、お肌の基本をお話します。

30代になると肌質が変わる!?20代の肌とはどう違う?

30代になると肌質が変わる!?20代の肌とはどう違う?

20代でも肌トラブルがまったくないということではありませんが、30代になってからのトラブルとは質が異なります。

たとえば、20代ではニキビの悩みが多いといわれていますが、30代になるとシミに悩む方が増えてきます。

では、このような肌悩みの違いの原因はどこにあるのでしょうか?

20代と30代では皮脂分泌量が違う

20代の頃に多く聞かれるのがニキビ肌の悩みです。

ニキビは不十分なクレンジングや洗顔による毛穴詰まりが大きな原因ですが、毛穴が詰まっているところへ皮脂がどんどん分泌されてくると、毛穴の内容物の酸化が速まります。

そして30代を迎えるとニキビに悩まされる方の比率がグンと低くなりますが、これは30代になると20代よりも皮脂分泌量が減るからです。

分泌量が減れば、その分だけ毛穴が詰まる原因が少なくなるわけですから、それと並行してニキビの悩みも減るということですね。

その反面、分泌量が低下すると失われたバリア機能の修復が遅れることになりますので、30代では乾燥肌の悩みが増えてきます。

30代ではターンオーバーが少しずつ緩やかに

理想的なターンオーバー周期は28日間とされており、20代ではほぼ理想的な周期でターンオーバーが繰り返されています。

そして30代になると自然にその周期が長くなり、紫外線によるシミが目立ってくることがあります。

理想的な周期でターンオーバーが繰り返されていれば、一時的にシミができたとしてもやがて古い角質とともに剥がれていきます。

しかし、ターンオーバー周期が長くなると古い角質がいつまでもその場に留まることになりますので、できたシミがなかなか薄くならないという現象が起こります。

30代~40代はお肌が急激に変化する時期

30代~40代はお肌が急激に変化する時期

30代では皮脂分泌量が減り、おまけにターンオーバー周期も長くなりますので、20代の頃よりも肌トラブルが起こりやすくなります。

また、30代に突入するとエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減り始め、それによって皮下のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生力が弱まります。

すると、肌のハリやツヤが少しずつ失われていきます。

このようにして肌老化の原因が作られ始めるのが30代ですので、なにもせずに40代を迎えると、必要以上に肌老化が気になるなどということにもなりかねません。

つまり、30代の頃からしっかりとエイジングケアを行っておくことが、40代の肌トラブルを軽減させることになるということですね。

今日から始める30代のうちにやっておくべきケアとは

今日から始める30代のうちにやっておくべきケアとは

できる限り避けて通りたいのが肌トラブルや肌老化ですが、年齢とともに身体が変化する以上、避けて通ることはできません。

しかし、30代から40代に備えるケアを行っておけば、理想に近い肌のままで40代を迎えることも夢ではないでしょう。

では、それはどのようなケアなのでしょうか?

乾燥肌の予防には何を置いてでも「保湿ケア」

乾燥肌を放置していると小じわが目立つことがあるだけでなく、敏感肌にまで発展してしまうことがあります。

このような状態を予防は、以下の方法によるケアがおすすめです。

保湿化粧品でしっかり潤い補充を!

角質層の内部には、セラミドやNMF(天然保湿因子)が存在し、乾燥肌の予防に役立っています。

角質層がこれらの成分で満たされていれば、表皮は適度な潤いをキープすることができるため、敏感肌になる可能性は低いでしょう。

セラミドやNMFの働きを助ける成分にはセラミドコラーゲンヒアルロン酸プロテオグリカンフラーレンアスタキサンチンプラセンタなどがありますので、まずはこれらの成分配合の化粧品でしっかりと保湿ケアを行っておきましょう。

理想的なターンオーバーづくりはこの方法で!

年齢によるターンオーバーの遅れはしかたがないことで、どのようなケアを行ったとしても理想の周期に戻すことは難しいと考えられます。

しかし、その周期を少しでも理想に近づけることができれば、シミなどの悩みを軽減させることはできるでしょう。

ターンオーバー周期は、以下の方法で理想に近づけることができます。

ピーリングケアで古い角質を取り除きましょう

できたシミが薄くなりにくくなった、あるいはうっすらとしたシミが目立ってきたら、週1回を目安として市販のピーリング剤でピーリングケアを行ってみましょう。

市販のピーリング剤に配合されているフルーツ酸には、ゆっくりとした角質除去効果を期待できますので、理想的なターンオーバーづくりに役立ちます。

なお、ピーリングケアはあまり頻繁に行うとターンオーバーの周期が短くなりますので、週1回という頻度は必ず守りましょう。

40代に向けて今すぐにできるケアを開始しましょう

40代に向けて今すぐにできるケアを開始しましょう

保湿ケアやピーリングケアは、化粧品さえ購入すれば今日からでも実践することが可能です。

「まだ30代だから」とのんびり構えているとあっという間に40代を迎え、それに伴う肌トラブルや肌老化に驚くかもしれません。

しかし、適切なケアを行っておけば40代になっていきなり肌トラブルや肌老化が進む心配はほぼなくなります。

理想とする40代を迎えるためにも、30代のうちからご自身で行えるケアを行っておきましょう。

Wing/美容ライター

自然派化粧品・食品の販売アルバイトを経験してから、美容健康情報に魅かれる。
日本化粧品検定1級の資格を取得し、執筆業を通して正しい知識の普及に注力している。