入浴剤よりおすすめできる温泉の素!湯の花とは一体?

入浴剤よりおすすめできる温泉の素!湯の花とは一体?

日々の疲れや肩こり、冷え性など様々な悩みを解決する手段の1つとして、入浴時に湯の花を使ってみてはいかがでしょうか?

自宅に居ながら温泉を楽しむことができ、温泉街に行かなくても湯治がカンタンに行えますよ。



そもそも湯の花とは?どのように使うの?

湯の花という言葉を知ってはいても、それがどのようなものなのか、じつは知らない人も多いのではないでしょうか。

湯の花とは天然温泉の成分が結晶化したもののことで、温泉に入っている時にふわふわと浮いている白いもの見たことがある方もいるかもしれません。

もともと天然の温泉は高温で湧いており、私たちが浸かれるような温度まで冷やすことで、温泉に溶けている成分が固体化して結晶となるのです。温泉地のお土産として販売されていることが多い湯の花ですが、今やインターネット通販でも販売されているため、温泉地に行かなくても手に入る様になりました。

使い方などを詳しく紹介していきますので、日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

湯の花は天然の入浴剤!自宅で手軽に温泉を楽しめる♪

湯の花は天然の入浴剤!自宅で手軽に温泉を楽しめる♪

都会で生活していると、湯の花といわれてもピンとこないかもしれませんが、湯の花とは、天然温泉の成分を粉末状にした温泉の素だと考えれば分かりやすいでしょう。

入浴剤のように人工的な成分の商品ではなく、本物の温泉を自宅で楽しむために作られた商品なので、温泉地に訪れた際のお土産として人気を集めています。

また、一般的な入浴剤との違いは「天然成分の泉質を自宅で再現できること」で、本物の温泉と同じく優れた効能に期待できます。

昔から温泉は「湯治」として療養に使われてきたため、疲れや体の不調などがある方は続けて入るのがおすすめです。

全国の温泉地で販売されている湯の花はそれぞれ成分が違うため、全てが同じ効能ではありませんが、一般的な湯の花の効果をご紹介しておきます。

湯の花を入れたお風呂の効能(一例)

  • 慢性皮膚病
  • 慢性婦人病
  • 切り傷
  • 糖尿病
  • 冷え症
  • 筋肉や関節の痛み、こわばり
  • 疲労回復

湯の花を自宅で使うには注意点があった!

湯の花を自宅で使うには注意点があった!

湯の花は天然の成分をそのまま商品化したものなので、市販されている入浴剤とは使い方が少し違うところに注意が必要になります。

温泉成分で出来ている湯の花には、炭酸カルシウムや硫酸ナトリウムなどが入っています。

これが入った浴槽で追い焚きをすると、湯を温める加熱部の金属の腐食を招いてしまうため、絶対に追い焚きはしないようになさってください。

直接お湯を張れずに水から湯を沸かさなければならない浴槽では、湯を沸かしてから湯の花を入れるようにします。

必ず湯船に湯を張ってから、そのままでも入浴できる状態にしたうえで湯の花を入れるようにしましょう。

そして、湯の花に含まれる硫黄や金属類の成分は、浴槽の素材を痛めてしまうため、風呂から上がったら、溜め湯はやめて、速やかに排水してください。

湯の花ならではの楽しみ方を詳しく解説♪

入浴剤はさまざまなメーカーから色んな商品が販売されているように、湯の花にもたくさんの種類があります。

湯の花と聞くと、どれも同じだと思いがちですが、じつは全国には入浴剤に負けないほど種類があって、それぞれ泉質や効能が変わってくるのです。

そんな湯の花の楽しみ方をご案内して、さらに入浴剤との価格を比較して湯の花は高いのかを検証していきます。

温泉地よって異なる湯の花の成分!

温泉地よって異なる湯の花の成分!

全国には数多くの温泉地があり、それぞれの温泉の成分が異なるため、場所によって泉質や効能に違いがあるのは一般的にも知られています。

つまり、全国の温泉地の数に比例して、湯の花にも豊富な種類があるのです。

温泉地のお土産として販売されている湯の花は、各温泉地のオリジナル商品で、他では入手できないようなものもあります。

また、湯の花をつかった風呂に浸かれば、オリジナルの温泉と同じ効能を得られるため、入浴効果を高めたり、美肌効果を期待することもできます。

こういった楽しみ方ができるのは、入浴剤にはない、湯の花だけのものといえるでしょう。

湯の花の相場値段を紹介!入浴剤と比較して高いの?

湯の花の相場値段を紹介!入浴剤と比較して高いの?

全国的に有名な草津温泉は「恋の病」以外の何にでも効く温泉として有名で、その湯の花の値段は、内容量95g、小売価格は1,400円(税別)で販売されています。

1回の入浴でどれだけ湯の花を入れるかによって、どれだけ使えるのか変わってきますが、1回辺りの分量は4~5gとされていますので、1パッケージで約20回の入浴ができる計算になります。

小売価格1,400円(税別)で約20回の入浴をするのなら、湯の花における1回の入浴にかかる費用は約70円と考えられます。

入浴剤の販売価格はピンキリですが、1回20~100円程度で展開されていることが多くあります。

この価格に対して、ネームバリューのある草津温泉の湯の花が約70円と考えると、決して高価なものでは無いということが分かってきました。

値段が高い入浴剤を購入するなら、天然温泉の泉質をそのまま再現できる湯の花を使う方がコストパフォーマンスも良いと言えます。

通販でも各地の湯の花を購入することができるので、この機会に湯の花を試してみてはいかがでしょうか。