【プロ執筆】賃貸とお金の話|初期費用相場や高コスパ物件、退去時費用まで丸わかり!

家を借りる時は家賃以外の費用もかかるため、余裕をもってお金の準備をする必要がありますし、退去する際にお金の支払いが発生することもあります。

今回は賃貸物件に特化して、入居・退去時にかかる費用をはじめ、お金にまつわるアレこれを解説しました。

賃貸物件の初期費用はだいたいいくら?内訳を紹介!

賃貸物件の初期費用はだいたいいくら?内訳を紹介!

賃貸物件を借りる際には、家賃だけでなく敷金礼金、仲介手数料などまとまった初期費用が必要になります。

まずは入居前に必ず必要な初期費用、任意の初期費用それぞれを見て行きましょう。

初期費用として必ずかかる費用

敷金家賃1~2ヶ月分家主への預かり金。退去時の原状回復費用や家賃滞納した際に充てられる費用。
退去時に充当した金額が差し引かれた分が返戻されます。
礼金家賃1~2ヶ月分漢字の通り家主さんへのお礼の意味を込めた費用。
敷金と違い、返金されることはありません。
最近は礼金がかからない物件も多くなっています。
前家賃家賃1ヶ月家賃は基本的に前払いのため、入居する月の分を支払います。(月の途中から入居する場合は、日割家賃が発生します。)
仲介手数料家賃0.5~1ヶ月物件の案内や仲介をした不動産屋に支払うお金です。

初期費用として任意かかる費用

火災保険約5,000円火災や水トラブルなど日常生活においておきる損害保険料です。
加入を勧められますが、任意です。
鍵交換約15,000円防犯対策として必ず行います。
鍵の種類によって金額が変動する場合もあります。
クリーニング約30,000円前住居者の退去後の消毒やクリーニング費用です。
契約内容によっては入居者ではなく、退去者が負担するケースもあります。
保証金家賃0.5ヶ月分連帯保証人がつけられない場合、家賃保証会社を利用する場合にかかる保証金です。

賃貸物件を借りる前に確保すべき金額は?

ここまで解説したように賃貸物件の契約の際にかかる初期費用はだいたい家賃の5ヶ月分と言われています。

以前まで敷金、礼金それぞれ2ヶ月分といった物件もありましたが、現在ではそれぞれ1ヶ月分の物件が多くみられます。

このため賃貸物件を借りる前には家賃の5ヶ月分は用意しておきましょう。

もし初期費用を安くしたいと考えているのであれば、敷金礼金ゼロ物件や家具家電付き物件を探したり、大家さんとの値段交渉などもしてみるのもおすすめです。

安くて良い物件の探し方を紹介!

安くて良い物件の探し方を紹介!

確保する初期費用を理解した後は、希望の賃貸物件を探しましょう。

やはり、安くてコスパの良い物件が良いですよね。

それではどうやって安くていい物件を見つければいいのでしょうか?

ここでは物件の情報収集方法と、安心して物件探しが出来る不動産屋選び方を紹介します。

物件の情報収集を行いましょう

まず部屋探しの一番重要な物件の情報収集を行い、それぞれ良い面と悪い面を比較して自分にあった部屋を探しましょう。

家賃

まずは毎月支払う家賃は安く済ませたいですよね。

3~4月いわゆる引っ越し繁忙期は家賃が高めでも部屋が埋まるため、家賃が高めになりやすい傾向にあります。

逆に繁忙期が過ぎた5~6月は家賃を下げてでも入居率を上げたい大家さんが多いため、比較的安い家賃で契約することができます。

設備

家賃が安いからといって設備管理が不十分であったり、古かったりすると意味がありません。

お風呂やトイレなど住居の水回り以外にも、エレベーターやエントランス、ゴミ捨て場などの清掃が行き届いているか情報を集めましょう。

環境

物件を比較する際は、周りの環境について知っておく必要があります。

駅やスーパー、病院への距離の他に、その地域の治安についても注意しましょう。

警察署や交番、消防署などが近くにあるのか確認しておくと、より安心して住む事が出来ます。

最近は自然災害による被害も増えていますから、余力があればハザードマップも見ておきましょう。

入居中にかかるお金ってあるの?

入居中にかかるお金ってあるの?

入居中にかかる費用として更新料と修理費用があります。

更新料は地域によって差があり、関東では賃貸契約の更新の際に支払いが必要なことが一般的ですがが、大阪や名古屋では更新料がかからない物件も多くみられます。

入居中に設備などを壊してしまった場合には、借主側が修理費用を負担するケースがあります。

退去時にかかるお金はどれくらい?

退去時にかかるお金はどれくらい?

転勤や結婚などで退去する際、新しい物件への引っ越し費用に気を取られて、うっかり忘れてしまいがちなのが退去費用でいわゆる部屋の原状回復費用です。

経年劣化に関しては大家さん負担となり、故意や過失で生じた傷や汚れは借主負担になります。

一般的には入居時に支払って敷金より差し引かれ、差額分は返金もしくは追加で支払う意ことになります。

最近では敷金0円の賃貸もあるため、敷金を支払ってない場合は退去費用がかかる場合があるため、費用の目安として家賃2か月分と見積もっておくとよいでしょう。

予算と希望を上手に考えて、納得のいく新居選びを

予算と希望を上手に考えて、納得のいく新居選びを

一般的に賃貸物件を探す時は、事前に決めていた予算よりも少し上回るケースが多くなっています。

設備や環境が充実している物件や条件の良い賃貸ほど金額が高くなりますが、内覧をしているうちにより良い物件に住みたいと気持ちが働くからです。

また、家を借りる時にかかるお金は、賃料だけではありませんから、もろもろの費用を用意しておく必要もあります。

賃貸物件を借りる時は予算にできるだけ余裕を持ち、納得できる物件を選べるよう心がけましょう。

itoo/不動産会社勤務

宅地建物取引士、建設業経理士1級。
賃貸住宅から物件売買まで、多くの人の生活に寄り添ってきた経験を持つ。
重要書類の作成や費用のとりまとめ、ローン提案なども行い、経済面の相談も得意。