【プロ執筆】賃貸でも保険の加入は必要?保険の種類・選び方ガイド

賃貸契約のほとんどの場合は、火災保険の加入が必要になります。

しかし「火災保険加入は必ず必要なのか?」「どこの保険会社で加入すればいいのか?」と疑問に感じる人も多いものです。

そこで、火災保険加入の重要性と選び方について紹介していきます。

賃貸契約時に加入する「火災保険」の中身とは?

賃貸契約時に加入する「火災保険」の中身とは?

賃貸の際、契約時に加入をすすめられるのはほとんど「火災保険」で、その中では①借家人賠償責任保険、②個人賠償責任保険、③家財保険の3種類の補償が付帯されています。

①家人賠償責任保険とは

入居者は退去時に、入居時の部屋の状態で返還しなければならない原状回復の義務があります。

そのため、入居者の責に帰すべき事由(例えば失火やガス漏れ等)により賃貸物件に損害を与えた場合、大家さんに対しての賠償責任を補償してくれる保険のことです。

②個人賠償責任保険とは

日常生活において入居者が、他人の物を壊したり、他人に怪我をさせてしまったときに負う賠償補償してくれる保険です。

例えば、子どもたちが遊んでいて他の入居者の車のガラスを割ってしまった時などに、補償してもらうことができます。

③家財保険とは

火災や水害、盗難により家の中の家財に損害があった場合に補償してくれる保険です。

例えばテレビや冷蔵庫、エアコンなど生活用の動産のことを指し、宝飾品や美術品に関しては30万円を超えるものが対象となります。

火災保険加入のメリット・デメリットは?

火災保険加入のメリット・デメリットは?

火災保険加入のメリット

  • 自然災害による幅広いリスクを補償してくれる。
  • 建物のみ家財のみなどといった保険の掛け方ができる。
  • 賃貸の場合、保険料金はパッケージとなっており安め。
  • 盗難や自転車事故など日常的に起こる事故もカバーできる。

賃貸の火災保険は比較的に安く、また幅広い事故に対して補償してくれるというメリットがあります。

火災保険加入のデメリット

  • 地震災害の場合は、保障されない。
  • 賃貸契約時に加入を義務付けられたり、高いプランをすすめられることがある。
  • 高額家財の別途明記をしなければ補償されない。
  • データやソフトウェア、ギフト券は一般的に家財に含まれない。

最大のデメリットとして、地震による火災の被害は補償されないため、地震の際に補償が必要な方は、別途地震保険に入る必要があります。

火災保険に加入せず借りることができるの?

賃貸契約の際、仲介不動産会社から必ずといっていいいほど火災保険加入をすすめられますが、賃貸契約の際の保険加入は基本的に義務ではなく、あくまで任意となっています。(加入を義務付けている大家もいます。)

しかし、「家財が少ないから必要ない」といった理由で加入しない方法は、おすすめしません。

賃貸の場合は特に、借りた部屋を入居前の元通りに戻すという原状回復義務が借主にあるため、自分の家財が損害を受けるだけでなく、大家さんへの損害賠償も多額になる可能性があります。

そのような場合に備えて、いくら任意加入とはいえども、火災保険は加入すべきです。

火災保険に加入するなら、コレを知っておこう!

火災保険に加入するなら、コレを知っておこう!

火災保険を選ぶ際のポイント

ほとんどの場合、仲介不動産が代理店となって火災保険会社をおすすめしてくることが多いですが、そのまま契約しないようにしましょう。

先ほどでも述べたように不動産会社のおすすめされた火災保険に加入する義務はなく、数ある保険会社の中から自分で選ぶことができます。

特に保険金額は、家財保険金額の保証金により変わってくる場合がほとんどですので、一人暮らしの場合と4人家族とでは大きく違います。

そのため一度自分の家財がいくらくらいか計算して、家財の評価額に合ったプランを探しておくといいでしょう。

だいたい安いプランで13,000円ほどですので、ワンルームで20,000円を超える火災保険料を提示された場合は、一言反論することをおすすめします。

火災保険の解約はどうする?中途解約できるの?

結論から申し上げますと、火災保険は短期・長期契約関係なく解約はいつでも可能です。

また中途解約した場合でも、しっかりと残りの期間分の返金があります。

こちらから保険会社や不動産会社に連絡し手続きしないと返金されないため、返戻金制度を知らないほとんどの人はそのままにしている人が多いです。

返戻金を知らないことは大変勿体ないため、火災保険に加入していて中途解約する際は必ず、返金手続きをするようにしましょう。

賃貸契約の際は火災保険に加入して安心な生活を

賃貸契約の際は火災保険に加入して安心な生活を

賃貸契約の際は、火災だけでなく日常生活において偶発的に起こる事故も補償される火災保険に、必ず加入しておくことをおすすめします。

しかし、契約の際に仲介業者に言われるまま契約するのではなく、自分が本当に必要な補償を把握し、自分に合ったプランを探しましょう。

「どうせ使わないよ」と思いがちですが、万一の事故はいつ起こるか分かりません。

厳重で完璧な補償でなくても構いませんから、最低限は安心できるレベルの保険に加入して、安心して生活できる環境を整えてくださいね。

itoo/不動産会社勤務

宅地建物取引士、建設業経理士1級。
賃貸住宅から物件売買まで、多くの人の生活に寄り添ってきた経験を持つ。
重要書類の作成や費用のとりまとめ、ローン提案なども行い、経済面の相談も得意。