敏感肌でもエイジングケアが叶う!LUNAS(ルーナス)のプラケアEQを体験

常に肌荒れが気になる敏感肌は、エイジングケアをしたくても良い製品になかなか巡り合えなかったり、効果が実感しにくいものです。

そんな中、敏感肌専用のエイジングケア基礎化粧品として注目されているのが、ルーナスの「プラケアEQ」です。

今回は7日間のトライアルセットを実際に使い、効果や使用感、コスパなどを体験レビューしてみたいと思います。

LUNASのプラケアEQってどんな化粧品?

LUNASのプラケアEQってどんな化粧品?

まずは本題であるレビューの前に、ルーナスやプラケアEQについて説明したいと思います。

会社や化粧品のコンセプトを知ることでより一層製品の魅力が分かり、自分に合っているのかを判断する基準にもなりますよ。

25年以上プラセンタを研究!高品質な原液抽出が可能に

ルーナスは、プラセンタの研究を25年以上の長きに渡り行ってきた、化粧品の製造メーカーです。

化粧品に使用されるプラセンタは、馬や豚の胎盤から抽出されたものを使用しますが、ルーナスでは中央アジアの山脈で放牧されている、馬の胎盤から採取されるプラセンタを使用しています。

プラセンタにはお肌を活性化させる成長因子をはじめ、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの豊富な栄養が含まれており、年齢肌のお手入れには欠かせません。

この馬プラセンタを「酵素分解法」という方法でより高濃度に、そしてより高品質に原液を抽出し、化粧品に配合したのが「プラケアEQシリーズ」です。

プラケアEQで、敏感肌ケアとエイジングケアを両立!

敏感肌はお肌の角質層によるバリア機能が破綻しており、潤いを維持できないだけでなく、外部からの刺激にも弱くなっている状態です。

正常に角質層が働かなければ、敏感肌の改善はもちろん、エイジングケアを行っても成分が効果的に届きません。

そこで、角質層の状態を根本的に改善するとともに、肌内部へ効率よくエイジングケア成分を届ける化粧品として開発されたのが「プラケアEQ」なのです。

使用目安は「年齢+15日」のじっくり派

プラケアEQの効果を感じるために、ルーナスでは「年齢+15日」は継続して使用することをオススメしています。

これは、お肌のターンオーバー周期の日本人平均から、新たなお肌が表面に現れるまで、ゆっくりと時間をかけて使用する必要があるためです。

たとえば30歳の人であれば「30+15=45日」となり、約1か月半ほど続けて使用することで、しっかりと効果を実感できるようになります。

一般的な化粧品は、1か月前後が実感の目安と言われているため、それに比べると少々長めの期間が必要です。

ルーナスでは、敏感肌改善とエイジングケアを行うために、肌負担をかけない成分・配合にこだわっています。

プラケアEQも即効性はありませんが、じっくり使用することで徐々に効果を感じられるように作られているため、時間をかけてお肌の改善に取り組める方に向いているでしょう。

プラケアEQ4点セットの中身を大解剖!

今回使用したのは「プラケアEQ7日間体験コース」という、すべてに馬プラセンタが使用されている敏感肌用基礎化粧品4点セットです。

本来は2点セットで980円(税込)なのだそうですが、今なら化粧水と乳液もついてくるので、4点セットで特徴をご紹介していきます。

1.プラケアEQクレンジング

1.プラケアEQクレンジング

ゲルタイプのクレンジングで、メイク汚れや古い角質を優しく浮かせて落とします。

合成界面活性剤は使用していないので、肌トラブルを起こしにくく、敏感肌でも安心です。

手に取った感触では、寒い2月に使っても緩めのゲル状で、サッとお肌に伸ばしやすいと思いました。

ただ、容器を強く押しすぎるとドバッと出てきてしまうので、その点は注意しながら使う必要があります。

天然由来成分 美容成分
93.7% 96.5%
敏感肌ケア成分 エイジングケア成分
アルギニン、ムクロジエキス 馬プラセンタ、アルニカ花エキス

2.プラケアEQソープ

2.プラケアEQソープ

2016年モンドセレクション金賞を受賞したこだわりの洗顔石鹸で、美容成分が94%も配合されています。

機械ではなく人の手作業で作られる「枠練り製法」で作られており、一般の洗顔石鹸に比べて20倍もの美容成分の配合に成功しました。

私は泡立てが少し苦手なのですが、プラケアEQソープは少量でも泡立ちが良く、泡立てネットで簡単にキメの細かい泡が作れます。

天然由来成分 美容成分
100% 94.0%
敏感肌ケア成分 エイジングケア成分
馬油、ツバキ油など 馬プラセンタ、コエンザイムQ10など

3.プラケアEQウォーター

プラケアEQシリーズの化粧水にあたり、2016年モンドセレクション銀賞を受賞しました。

保湿成分と美肌・エイジングケア成分がたっぷりバランス良く配合されており、敏感肌ケアと年齢肌対策がしっかり行えます。

美容成分をカプセルに閉じ込める最先端技術「リポソーム」を使用し、表面だけでなく角質層までしっかり浸透させることが可能です。

手に取ってみると少し白濁したとろみのあるテクスチャーで、蒸発しにくそうな印象があります。

天然由来成分 美容成分
95.5% 99.5%
敏感肌ケア成分 エイジングケア成分
馬セラミド、馬油など 馬プラセンタ、米由来オリザノール、リンゴ果実培養細胞エキスなど

4.プラケアEQクリーム

合成界面活性剤を使用せずにゲル製法で作られた、保湿とエイジングケアが同時に行えるクリームです。

高い保湿力と抗酸化作用を持つシアバターを配合し、崩れた角質層を保護・再生しながら整えます。

手に取った時は少しこってりした感じがありますが、みるみる肌に馴染んでいきます。

クリームは浸透に時間がかかるため、朝の化粧前には厄介に感じますが、プラケアEQクリームならよりスムーズにお手入れができると思います。

天然由来成分 美容成分
90.3% 99.2%
敏感肌ケア成分 エイジングケア成分
馬セラミド、シアバターなど 馬プラセンタ、リンゴ果実培養細胞エキスなど

メイク落ちは良い?クレンジングの力を試してみた!

普段使用している化粧品でテスト!

普段使用している化粧品でテスト!

今回は私が普段使っている化粧品で、汚れ落ちがどれくらい良いのか、手の甲を使って試してみました。

テストしたラインナップはこちらです!

  • 化粧下地
  • リキッドファンデーション
  • コンシーラー
  • マスカラ(ウォータープルーフ)
  • アイライナー(ウォータープルーフ)
  • アイブロウ(パウダー)
  • 口紅

※下地とファンデーションは、手の甲全体に塗っています。

メイク落ちの結果はいかに!?

メイク落ちの結果はいかに!?

メイク部分は水で濡らさず、プラケアEQクレンジングを15回ほど円を描くように、メイクに馴染ませていきます。

画像中央が馴染ませたものですが、この状態では正直、メイクが落ちているのかほぼ分かりません。

ぬるま湯で流してみましたが、落ちていく感覚はあまりなく、手で軽く擦りながらすすぐと、次第にメイクが落ちていきました。

結果、ウォータープルーフのマスカラはやや落ちきれませんでしたが、他のメイクはしっかり落とせています。

「たっぷりクレンジングを使い、良く馴染ませてからすすぐ」というのがメイク落としのポイントになりそうです。

海外メーカーのメイク用品やウォータープルーフタイプなど、しっかり付いてしまうようなお化粧には向いてなさそうですが、ほとんどのメイクは問題なく落とせると思います。

洗いあがりに肌のベタつきやツッパリなどもなく、優しい洗い心地でした。

スキンケアの要!洗顔ソープでオイル落としにチャレンジ

キメのある弾力泡が自宅でも簡単に作れる

キメのある弾力泡が自宅でも簡単に作れる

スキンケアで最も大切なのは“洗顔”と“保湿”と言われています。

プラケアEQソープはどれくらい汚れがしっかり落ちるのか、こちらも手の甲を使って実験してみました。

肝心な石鹸の泡立ちについてですが、泡立てネットに軽く擦り、普段通りに泡立てただけで、画像のようなキメの細かい泡立ちが作れています。

いつも使用している洗顔石鹸は、もう少し泡の粒が大きいので、プラケアEQソープは泡立てやすい石鹸だと思います。

また、濃密…というほどではありませんが、泡の弾力も比較的強めなので、洗顔泡に必要な「キメ」「弾力」という2つの要素を兼ね備えていると言えると思います。

洗顔後はしっとり!不要な皮脂だけ落とせる石鹸

洗顔後はしっとり!不要な皮脂だけ落とせる石鹸

手の甲はあまり皮脂が多くないので、今回は皮脂に近いと言われるホホバオイル(マッサージ用)を薄く塗ってから、検証してみました。

先ほど作った洗顔泡を手の甲につけ、優しくクルクルと15回ほど馴染ませたあと、ぬるま湯ですすぎます。

最初はオイルで手の甲がテカテカとしていましたが、すすぎ後はしっかりオイルが落ちているようで、テカリ残りはありません。

しかし、手の甲にパサパサとした感触はなく、むしろ洗い上がりなのにしっとり感が感じられていました。

これは推測ですが、適度な皮脂を残して不要な皮脂だけを洗う事ができ、さらに美容成分の保湿力も相まって、洗顔後のしっとり感に繋がったのだと思います。

敏感肌の方は乾燥の悩みがつきものですが、皮脂を取り除きすぎてしまう心配がなく、また部分的に皮脂に悩んでいる方にも良いと思います。

化粧水・クリームの使用感や保湿力を調査!

化粧水・クリームの使用感や保湿力を調査!

お肌しっとりを実感できる!とろみテクスチャー化粧水

化粧水のプラケアEQウォーターは、シャバシャバな水タイプではなく、適度な粘性があります。

1回4プッシュほどが使用量の目安なのだそうですが、比較的たっぷりの量をお肌に使う印象です。

塗布後に手で軽く抑えると、皮膚が手に吸い付くような感覚で、お肌がしっかり保湿されているのが分かります。

それでいてお肌に馴染ませるとスッと溶け込んでいくような感触で、ベタつきがないので、朝晩どちらでも使いやすそうだと感じました。

お肌を膜でカバー!?ベタつかないのに潤いキープ

プラケアEQクリームはゲルタイプなので、普段私が使っているクリームタイプの保湿剤のようにコッテリとした使用感ではありませんでした。

どちらかというと肌馴染みが良いのですが、スッと肌に入るというよりも、適度に肌表面にゲルが残っている不思議な感じでお肌の潤いを守っているようです。

これはベタつきではなく、膜が一枚カバーしているような感覚なので、不快感は全くありませんでした。

塗ってすぐにメイクとはいきませんが、塗布後5分ほどすればお化粧もできるので、ドタバタしがちな朝も使いやすいと思います。

LUNASプラケアEQを1週間使った肌の変化は?コスパは良いの?

LUNASプラケアEQを1週間使った肌の変化は?コスパは良いの?

エイジングケアは実感できないが、肌が少し潤っている様子

今回、ルーナスのプラケアEQ4点セットを1週間使ってみましたが、5日目あたりから少しお肌の調子が良くなってきているように感じました。

朝起きた時の肌の感触が、今までよりも潤いをキープしているような感じがあり、肌荒れも多少落ち着いてきたように思います。

ただし、変化はあまり大きなものではなく、また、エイジングケア効果については全く感じられなかったため、もう少し長く使わなければ実感には至らないのかもしれません。

プラケアEQは年齢+15日と長く使用し、ゆっくり効果を感じる製品として作られていますので、当然の結果ではあります。

使用中、赤みやヒリヒリ感、かゆみなども一切なかったので、しっかり継続すればより良いお肌の状態になるのかもしれないと、期待が持てました。

1日460円とちょっとお高めなのが難点

プラケアEQ7日間体験コースは、980円(税抜)で使えるお試しセットです。

これを実際に本品を買って使うとなると、4点セットで13,800円(税抜)となります。

1か月使用できることを考えると、1日あたり460円ほどのコストとなるため、お手軽スキンケアとはお世辞にも言えません。

確かに、「もう少し価格が安ければ使いやすいな」と思いますが、これだけこだわりを持って作られている製品ですから、価格自体は妥当なものでしょう。

この460円を安いと感じるか、高いと感じるかは、敏感肌・年齢肌改善への本気度が左右すると思います。

ちなみに、定期便なら1点からでも10%OFFで購入できるので、単品で使用してみるのも良いかもしれません。

敏感肌も、年齢肌も諦めない!本気の改善を強くサポートするスキンケア

敏感肌も、年齢肌も諦めない!本気の改善を強くサポートするスキンケア

敏感肌を根本から改善し、さらに馬プラセンタをはじめとするエイジングケア成分もたっぷりと含まれ、お肌のことを追及して考えられた頼もしい基礎化粧品だと思いました。

作用が緩徐だとは書かれていますが、たった5日で変化を感じられたため、非常に効果の高い逸品だと思います。

ぜひ使い続けたい!…と思いますが、気になるのはやはり7日間体験コースの後の費用面です。

実際、少し高価ではありますので、「敏感肌を本気で改善したい」「敏感肌も年齢肌もどうにかしたい」と強い気持ちの方は、一度お試しセットから始めてみてはいかがでしょうか?