結婚祝いのお返しマナー!親戚・友達・職場宛ての相場・人気は?

結婚祝いのお返しマナー!親戚・友達・職場宛ての相場・人気は?

入籍後や結婚式前後は、様々な方から結婚祝いをいただきます。

お相手のお祝いの気持ちに対して失礼のない様に返すにはどうしたら良いのか、内祝いのマナーについてお伝えします。



結婚祝いのお返し(内祝い)の意味とマナーを知ろう!

元々「内祝い」とは、結婚や出産などの祝い事があった際にその喜びを分かち合うという意味で、親戚やご近所さんなど広い範囲に赤飯や砂糖などを配っていました。

しかし現在では、地域にもよりますが、広範囲への内祝いは簡略化されており、結婚式のお祝いをいただいた方だけに「お返し」として内祝い品を贈るのが一般的です。

では、改めて、今どきのお返し(内祝い)のマナーを確認してみましょう。

結婚祝いのお返し(内祝い)はいつまでに贈るべき?

結婚祝いのお返し(内祝い)はいつまでに贈るべき?

まず、結婚式や披露宴に参加された方々には、当日受付でご祝儀をいただいているので、披露宴で「引き出物」を渡すことでお返し(内祝い)は完了になります。

また、事前にお祝いをいただいたけれども挙式・披露宴に参加できなかった方々へは、式が終ってから1ヶ月以内にお返し(内祝い)を贈るのがマナーです。

しかし、挙式後は新婚旅行があったり新生活が始まったりと忙しく、内祝いの段取りをしそびれる場合があるため、挙式前には、親戚や友人、同僚など相手ごとにお返しの品をあらかじめ決めておきましょう。

尚、入籍と結婚式の日取りが離れているなどの理由で、挙式よりも早く結婚祝いをいただくこともあります。

その場合は、あまり遅すぎると逆に失礼に当たりますので、式の前に内祝いを贈る様にしましょう。

こちらも、お祝いをいただいてから1か月以内を目安に、お相手に届く様にします。

内祝いと別に「引っ越し案内はがき」や「結婚報告はがき」も送るべき?

内祝いと別に「引っ越し案内はがき」や「結婚報告はがき」も送るべき?

挙式・披露宴に参加された方々へは、出席のお礼と新居の案内を兼ねた「引っ越し案内はがき」や「結婚報告はがき」を送るのが一般的です。

現在は、手紙や年賀状のやり取りをする世帯が少なくなっているため、「引っ越し案内はがき」は省略し、結婚式の参加者だけに新居の案内を披露宴で配布する場合もあります。

特に、遠方の方や事情により挙式・披露宴へ参加できなかった方々は、当日の様子をお知らせする意味も兼ねて、披露宴の写真入りで出すことが多い様です。

はがきを出す時は、以下の項目を載せます。

  • 挙式の年月日
  • 新居の案内
  • 今後の指導、支援のお願い
  • 媒酌人の名前(いない場合は省略可)

印刷の文字だけでは味気ないので、文章の最後に手書きで「結婚祝いありがとうございました」「今後ともよろしくお願いします」「新居にもぜひ遊びに来てください」など一言を添えるとより丁寧です。

これらのはがきは内祝いと同様、挙式後(または転居後)1ヶ月以内に贈るのがマナーです。

※結婚報告はがきについては、「結婚報告のはがきは出すもの?文例や時期はどうする?」で詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

お返し(内祝い)にお礼状は必要?贈る時は郵送でも良い?

お返し(内祝い)にお礼状は必要?贈る時は郵送でも良い?

内祝いというと、昔は訪問して手渡しするのが普通でしたが、最近は遠方の方や贈り先の都合も考え郵送で贈るのが一般的になっています。

例えば、デパートで購入した後、サービスカウンターからご自宅へ郵送する手配をしたり、インターネットから注文し、ご自宅へ郵送したりできます。

どの様な方法であっても、結び切り10本の絵柄が書かれた熨斗(のし)をつけ、上段には「内祝い」、下段には「新姓」または「夫婦フルネーム連名」を書きましょう。

ただし、郵送で内祝いを贈る場合は「お礼状」を出すのがマナーです。

「お礼状」は内祝いの品が届くよりも先に、送り先へ到着するように出します。

品物を発送する時に日付指定をし、その1~2日前までにお礼状が届くようにすると良いでしょう。

お返し(内祝い)の相場とオススメ商品とは!?

それでは、実際に内祝いの品にはどれほどの金額のものを贈れば良いのでしょう。

贈り先の相手ごとに予算とオススメ商品を紹介します。

親戚、友人、職場、それぞれの内祝いの相場はどれくらい?

親戚、友人、職場、それぞれの内祝いの相場はどれくらい?

お返し(内祝い)の予算は、「半返し」といって贈っていただいた額の3分の1から半額程の品を贈るのがマナーです。

今はインターネットで頂いた物の大体の値段が調べられますので、特にいただいた金額が多い場合は半額にした方が無難でしょう。

披露宴に参加しない場合の結婚祝いの金額と、その半返しの額を以下の表にまとめました。

贈る相手 結婚祝いの相場 内祝いの金額
友人 10,000円 3,000~5,000円
会社の同僚・部下 10,000円 3,000~5,000円
会社の取引先 10,000円 3,000~5,000円
兄弟・姉妹、親しい親戚 50,000円 15,000~25,000円
いとこ 10,000円 3,000~5,000円
姪・甥 10,000円 3,000~5,000円

※連名で結婚祝いをいただいた場合は、お祝いの金額を連名の人数で割り、その半額を内祝いとします。

※手作り品などいただいたお祝いの相場が分からない場合は、3,000円程度の相手が恐縮しない内祝いを贈ります。

友人やいとこ、姪・甥などにオススメの内祝いとは?

友人やいとこ、姪・甥への内祝いの予算は3,000円~5,000円程度になります。

複数の友人から連名でお祝いをいただいた場合は、金額に合わせて500円~1,000円程度の品を一人ひとりに返すのも良いです。

贈る品としては、年齢が近かったり自分よりも若かったりする場合が多いので、食器や日用品を贈ってもかまいません。

また、自由に内祝いの品物を選んでもらえるカタログギフトなども人気です。

兄弟や親せきにオススメの内祝いとは?

兄弟や姉妹などの親戚からは友人よりも高額のお祝いをいただくことがあります

金額にもよりますが、少なくとも10,000円以上の品を贈った方が失礼ではないでしょう。

また、親戚が結婚するたびに食器や日用品などの引き出物をもらい品物が余っている場合もあるので、物ではなく食べ物やお酒など形の残らない品物の方が喜ばれるでしょう。

例えば、以下のような品はいかがでしょう。

会社の同僚や部下宛にオススメの内祝いとは?

会社の同僚や部下への内祝いの予算としては3,000円~5,000円程度が適切です。

例えば、以下の商品はお手頃な価格ですし、上品な包装で同僚への贈り物として相応しいと思います。

また、複数の方から連名でお祝いをいただいた場合は、個包装タイプのお菓子を購入し、メンバー一人ひとりへ手渡しで配るのも好印象になります。

定番のお菓子やお茶などは、当たりはずれがなく贈りやすいでしょう。