【プロ執筆】イヤイヤ期はなぜ起こる?知りたい仕組み&対処法を徹底解説!

【プロ執筆】イヤイヤ期はなぜ起こる?知りたい仕組み&対処法を徹底解説!

「あれも嫌!これも嫌!」世界中のお母さんを悩ませるイヤイヤ期。

「この悪夢はいつまで続くのだろう」と、こちらが泣きそうになってしまいますよね。

その意味を知ることで、少し見え方が変わるかもしれません。

イヤイヤ期年齢のクラスを見てきた保育士から、お母さんたちへ伝えたいメッセージをお届けします!



うちの子だけ?と悩まないでください

なんでも言うことを聞いてくれた我が子。

「どうして急に拒否をするのか」「自分の子どもをコントロールできないなんて、母親失格?」とお悩みの方、多いでしょう。

程度は違えど、イヤイヤ期はどの子どもにもやってくるものです。

お母さんを困らせたくて「嫌!」と言っているわけではありませんし、急に我が子がワガママになったわけでもありません。

実はイヤイヤ期は、子どもの成長にとても大切な時期なのです!

イヤイヤ期のメカニズムを知りましょう

イヤイヤ期のメカニズムを知りましょう

イヤイヤ期は平均2〜3歳前後にやってきます。子どもの性格などによって、その時期や程度は様々です。

イヤイヤ期という言葉が一般的に使われますが、専門的には“自我の形成の時期”と言われています。

言葉のニュアンスで、だいぶ印象が変わるものですね。

0〜2歳頃の間は、主に自分と親の関係の中で育ちます。

つまり親の言うことは正しく、その通り生きることで自分の命の安全を確保しているのです。

そして様々な経験をしていく中で、「自分の気持ちはパパ・ママと違う時もある」「自分でもきっと同じように出来る」ということに気付き始めます。

これが自我の芽生えです。

「出来るはず!」「やってみたい!」「この気持ちはなんだろう?」「自分の気持ちを伝えたい!」そんな自分の気持ちを形にするために、日々子どもは戦っているのです。

イヤイヤ期を乗り越えて、子どもが得るもの

イヤイヤ期を乗り越えて、子どもが得るもの

自我が芽生え、「やってみたい」「伝えてみたい」と、子どもは様々なことにチャレンジし始めます。

シャツのボタンを閉めたい、お茶を自分でコップに入れたい、手を繋がないで歩きたいなど、出来たことのない事でも「なんでも自分でやるんだ!」という気持ちが大きくなります。

そして次々と“小さな出来た”という成功体験を積み重ねていきます。これが重要です。

成功体験は自信に繋がり、挑戦しようとする力、つまり生きる力を育てます。

気持ちの伝え方も同じです。

どうやって話したら伝わるのか、どんな言葉を使ったらいいのか、失敗を繰り返しながら“自分以外の人”との関わり方を学んでいくのです。

子どもはイヤイヤ期を乗り越えることで、生きていくために必要なことを学んでいます。

子ども自身も、自分の感情の変化と格闘していることを覚えて、大きな心で受け止めてあげましょう。

イヤイヤ期を乗り切るポイントを伝授します!

イヤイヤ期を乗り切るポイントを伝授します!

実際毎日「イヤイヤ」が続くと、大人だって気が滅入ってしまいますよね。

保育園ではイヤイヤ期に突入する子どもを、一度に何人もみなくてはなりません。

しかし保育士は、子ども1人に付きっきりにはなれません。

そこで保育士たちは、ポイントを押さえて対応しているのです。

ここからは保育士が実際に気をつけている、子どもへの接し方をご紹介します!

考え方を変えてみましょう

イヤイヤ期は特別な時期です。

「自分の気持ちが生まれたんだなぁ」「赤ちゃんじゃなくなったんだなぁ」と、成長を見守る、暖かい気持ちを忘れないでください。

子どもはあっという間に大きくなっていきます。こんなに手を焼かせてくれるのも、今だけです。

子どもにゆっくり関わる、特別な時間だと思って過ごせると良いでしょう。

子どもとの関わり方

実際の「こんな時はどうしたらいいの?」にお答えします。

これらは一例ですから、必ずしも有効とは限りません。

色んなやり方を試して、その子の納得できるポイントを探って見ましょう!

子どもの気持ちを聞き出しましょう

「こうしたかったんだね」「わかったよ」と、声に出して共感してあげてください。

たくさん出てくる自分の気持ちに、混乱している場合に有効です。

「これもイヤ!あれもイヤ!」となっている時は、「どうしたい?決めていいよ」と自分の行動を選択させてあげましょう。

どうしたら良いかわかっていない時は、3択のように選択肢を出して、決めさせてあげるのも良いでしょう。

単純に大人に決められるのが、イヤなこともあります。

考える時間を作ってあげましょう

なんでもやってあげたい気持ちもあるでしょう。

しかし、イヤイヤ期では自分で考える力、悩む力、判断する力を育てている真っ最中です。

すぐに手を貸すのではなく、気にしつつも子ども自身が考える時間を作ってあげましょう。

困った行動には先回りが肝心です

外出先で座っていられない、静かにしてほしい場所で騒いでしまう。

そんな時は、絵本や、パズル、シールブックなど、集中して座って遊べるおもちゃを用意しておきましょう。

公園で帰りたがらない時などは、あと何回にするか子どもに決めさせてみてください。

「最後の1回だね!」と言葉でも伝えてあげると、効果的です。

その先の楽しいことを考えましょう

駄々をこねてその先に進めない時、その先の時間に楽しいイベントを作りましょう。

「お家に帰ったら、今日はお風呂におもちゃ出しちゃおうかなー」「今日はいつもと違う道で帰ってみようかな」など、ワクワクすることが待っているのを教えてあげましょう。

子どもはまだ、自分で気分転換をすることができません。

今のイヤな気持ちから脱する手伝いをすることが、重要になります。

ただ、お菓子を与えることなどは癖になるので、控えてください。

スキンシップを忘れずに

イヤイヤ期の子どもは、ある意味毎日が混乱状態のようなものです。

出来る気持ちと、出来ない現実に戸惑いもあるでしょう。

様々な感情に振り回されて、疲れてしまっている時もあります。

混乱している時には多くの言葉をかけずに、抱きしめてください。

寝る前にゆっくり絵本を読んだり、膝の上に乗せてゆっくり過ごすだけでもいいでしょう。

これはやらないで!保育士からのアドバイス

これはやらないで!保育士からのアドバイス

イヤイヤ期の子どもとの付き合いは、大人の忍耐力も試されますね。

ついつい普段言ってしまっていることが、子どもにとってよくないこともあります。

これらは保育士も言わないようにと、気をつけている言葉です。

普段の自分の発言と照らし合わせて、確認してみてください。

「早くして!」

時間に焦るのは、大人の都合でしかありません。

子どもは1つひとつのことに、真剣に取り組んでいます。

こだわって時間がかかることを予想して、時間にゆとりのある計画を立てましょう。

「ワガママね」「そんな子は嫌」

癇癪を起こしたり、「イヤイヤ」が続くと、こんな風に投げやりに言ってはいませんか?

否定をする言葉は、どんな時でも子どもに良い影響を及ぼしません。

伝えたいことをどうしたら肯定的な言葉で表現できるか、ノートに書き出して見ましょう。

癇癪を起こしている時、子ども自身も葛藤や混乱の中で苦しいことを忘れないでください。

「ああする?こうする?どうする?」

自分のしたい気持ち、どうしたら良いのか等、様々な気持ちと格闘しています。

大人が答えを出してしまうのは簡単ですが、せっかくの成長のチャンスです。

自分の答えにたどり着くまで、見守ってあげましょう。

答えを焦らせるような問いかけは、より混乱を招きます。

「お母さん帰っちゃうからね!」「もう知らないよ」

よく耳にするフレーズですね。

子どもにとって、両親は最も信頼できる相手であり、最も安心できる場所です。

見捨てるような言葉は、大人が思っているより子どもにダメージのあるものです。

その場では着いてきてくれるかもしれませんが、置いていかれる恐怖から動いているだけなので、言わなように気をつけましょう。

成長を楽しんで過ごしましょう

成長を楽しんで過ごしましょう

イヤイヤ期は小さな反抗期でもあります。

手を焼く時期でしょうが、子どもが成長している印として喜びましょう。

一緒にいて息が詰まる時は、我慢せず気分転換も必要です。

両親の言っていることが違うと、混乱の原因になりますから、夫婦で「こんな時はどうする?」と話し合っておくと良いでしょう。

子どもの成長はあっという間です。

1つひとつの特別な瞬間を、ぜひ喜んでくださいね!

この記事を書いた専門家

ねこ組先生/保育士、家庭的保育士

保育士として保育園に携わるほか、病気や発達障害の子どもに対する病児保育も経験。

また、家庭的保育士として小規模施設での勤務も行い、様々な環境の中で育つ多くの子どもと保護者を支援。