電子書籍を購入する時におすすめのお店は?人気店を徹底比較!

電子書籍を購入する時におすすめのお店は?人気店を徹底比較!

スマホやタブレットがあればどこでも気軽に読むことのできる電子書籍。

気になってはいても、「どこで買えば良いのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

電子書籍の利用方法やメリット、おすすめの電子書籍ストアについてまとめたので、検討中の方は参考にしてみて下さい。



利用者は増加する一方の“電子書籍”

電子書籍は、パソコンやスマホ、タブレットの画面で読むことが可能な書籍です。

電子書籍を読むには専用の『電子書籍リーダー』が必要と考えている人もいますが、既に所持しているPCやスマホ、タブレットからでも閲覧は可能です。

手軽に購入・閲覧できることから、性別年齢問わずに利用者は増え続けています。

電子書籍はどうやって購入するの?

電子書籍は、ネットの書店的存在の『ストア』で購入できます。

ストアのHPにアクセスして、購入した本の閲覧をすることも可能ですが、ほとんどのストアはアプリを提供しているため、ストアのアプリをインストールしておけばいつでも手軽に電子書籍を開くことが可能です。

ストアを運営している会社は様々で、利用するストアによっては本や漫画が通常より安く購入できたり、ポイントが貰えるなどの特典がつきます。

また、中には、そのストアでしか読めない限定のコミックを配信をしている所もあります。

購入した書籍の支払いは、クレジットカード、スマホの決済サービス、電子マネーなどを利用したり、ストアのポイントを購入して支払う方法が多いです。

電子書籍を使うメリット4つ!

電子書籍を使うメリット4つ!

電子書籍の人気が高まるのには理由があります。

紙の本の方が慣れ親しんでいる人は多いですが、電子書籍だからこそのメリットも多く存在します。

1:本の保管場所に困らない

紙の本を購入した場合は必ず置き場所が必要になります。

本を頻繁に購入する方の中には、本棚やデスク周りなどが本で溢れ返っている人も多いのではないでしょうか。

中には本の置き場所に困り、渋々本を古本屋に売る人もいます。

紙の本はどうしてもかさばるので保管するスペースを作る必要がありますが、電子書籍なら全てデータとして端末に保存されているので、置き場所に困ることがありません。

量が増えたからといって、本を処分する必要もないので好きなだけ本を購入することができます。

2:購入した本をまとめて持ち歩ける

空いている時間で本を読み進めたいと思っても、紙の本だと荷物になるので精々1~2冊程度を持ち運ぶのが限界です。

しかし、電子書籍なら購入した本は全て端末の中に入っているので、本棚を丸ごと持ち歩いているのと同じ状態になります。

電子書籍をダウンロードしたスマホやタブレットさえあれば、気分に合わせて好きな本を選んで読めるので、読書もはかどります。

ビジネス書や仕事に必要な実用書なども、端末1つで全てチェックできるので、電子書籍はビジネスの効率化にも一役買っています。

3:本屋に足を運ぶ必要がない

新刊や漫画の続巻を購入する際、「読みたいけど本屋に行くのは面倒」と感じたことがある人は少なくないと思います。

紙の本の場合、書店まで直接行ってお目当ての物を購入するか、ネットで注文する必要がありますが、電子書籍は読みたいと思ったその時に、すぐに購入することが可能です。

商品が置いていなかったり、売り切れということもなく、人気な作品からマニアックな物まで簡単に入手することができます。

また、電子書籍には試し読みが可能な作品が豊富にあるので、自分が気に入りそうな本を見つけやすいのもポイントです。

気に入ったらその場ですぐ購入して読み始めることができるので、本や漫画に触れる機会も多くなります。

4:紙の本より安く購入できる

書店に並んでいる本は、『再販価格維持制度』に守られているのでどこの本屋を利用しても同じ値段でしか購入することはできません。

一方で、電子書籍はそのような制度に縛られないうえに印刷代も浮くので、通常より安く購入できることが多いです。

また、電子書籍のサイトによっては50%オフのキャンペーンが開催されたり、ポイントの還元、割引クーポンの配布などがあるので、お得に本を入手することができます。

中には無料で読める作品を提供している所もあるので、料金をかけずに本や漫画を手に入れることも可能です。

割引キャンペーンなどは頻繁に開催されているので、紙の本よりも電子書籍の方がお得に本を楽しめることは間違いないです。

電子書籍にデメリットはある?

電子書籍にデメリットはある?

本の貸し借りができない

電子書籍は実物があるわけでは無いので、自分の購入した本を他人に貸すことができません。

紙の本なら気軽に自分の気に入った本を貸すことができますが、電子書籍の場合は端末で読むので勧めたい作品だけを貸すことはできません。

現在の電子書籍には、データを貸し借りできる機能は無いので電子書籍で購入した作品は貸し借りができないということを踏まえて購入しましょう。

また、当然ながら読み終わったからと言って古本屋に売ることもできません。

この2点は、実物のない電子書籍ならではのデメリットと言えるでしょう。

電池や容量に配慮する必要がある

電子書籍を読むには端末が必要になり、その端末の電池が切れた場合は当然書籍を読むことはできません。

紙の本なら何度も好きな時に読み返すことができますが、電子書籍は端末のバッテリーに配慮して読む必要があるので、旅先や移動中に電子書籍を楽しむ際には注意が必要です。

また、端末に書籍をダウンロードすることでネットワークが繋がっていない所でも閲覧が可能になりますが、大量の書籍をダウンロードすると端末内の容量を大きく消費する可能性もあります。

読み終えた本は端末からは削除し、クラウドで保管をするなどの工夫をすると良いでしょう。

電子書籍だと目が疲れやすいというのは本当?

電子書籍を利用するにあたって、目の疲れを気にする方も多いかと思います。

読書をする方法として、電子書籍が合うかどうかは個人差がありますが、電子書籍を利用する人の多くは、それほど目や視力への負担を感じてはいないようです。

漫画や小説を読むにはスマホの画面は小さすぎると感じる方は、電子書籍用に少し画面の大きいタブレットを購入するのもおすすめです。

また、ブルーライトが気になる方は、ブルーライトカットの眼鏡を着用して電子書籍を楽しむのも良いでしょう。

長時間目を使うと疲れるのは、電子書籍でだけでなく紙の本でも言えることなので、休憩を挟みながら読み進めることで、目への負担を軽減するようにこころがけましょう。

電子書籍の購入におすすめのストア4選!

DMM.com電子書籍

DMM.com電子書籍

DMM.comでは、文芸やラノベ、ビジネス・実用書に加えて様々なコミックを読むことが可能です。

試し読みも豊富な他、無料で入手できる作品も多いので、気になる作品を実際に読んで続きを購入するか検討できます。

また、男性向け・女性向け問わずに成人向け作品の品揃えは国内最大級と言われています。

DMMでしか読めない、独占配信コミックが多いのも特徴です。

レビューを1つ投稿するごとに10pt(10円相当)が貰えるキャンペーンが毎月開催され、最大500ptが無料で貰えるのもDMMならではの魅力です。

初回購入の方に限り、全ての電子書籍が50%OFFで購入できるキャンペーンも開催されているので、お得に書籍を楽しむことができます。

eBookJapan

eBookJapan

eBookJapanはコミックの品揃えが豊富なストアで、漫画だけでも50万冊以上のラインナップを誇ります。

キャンペーンも様々な種類の物が用意され、『最大ポイント50倍』や『1巻無料&50%OFF』、『期間限定100%割引』などのお得なキャンペーンが常に40種類程開催されています。

また、シリーズ漫画をまとめ買いすることで1pt=1円のポイントが5倍になるサービスも行っています。

更に、お気に入りの作品の新刊を自動的に購入する「新刊オート便」を利用してもポイントが5倍になるので通常購入よりお得です。

今なら会員登録をすることで300ptが受け取れる他、その月の購入分の50%のeBOOKポイントが貰えるキャンペーンも開催されているので要チェックです。

ブックパス

ブックパス

ブックパスはau公式の電子書籍ストアで、auユーザーの方はもちろん、その他の方でも利用することができます。

一般的な電子書籍のサイトでは、1冊ずつ書籍を購入するのが通常ですが、ブックパスでは月額562円を払うことで対象の書籍が読み放題になります。

特に雑誌が幅広く読み放題に含まれており、最新号も読むことができるので、雑誌を頻繁に購入する人には非常におすすめです。

一部の書籍は読み放題プランには含まれていませんが、月額料金だけで約5万冊の本を楽しむことができます。

読み放題対象外の作品も、無料で購入できるものや半額キャンペーンなども開催されているので通常よりお得に購入できます。

ひかりTVブック

ひかりTVブック

ひかりTVブックはNTTぷららが運営する電子書籍サイトで、約21万冊の書籍を楽しむことができます。

ストアでは、書籍の無料・割引・ポイント20倍キャンペーンなどが開催されています。

ひかりTVブックで書籍を購入した場合は1%分のポイントが貯まる仕組みになっており、1pt=1円として書籍の購入やひかりTVのオプションビデオ購入・電話サービスの料金などに利用できます。

また、毎月自動的に書籍の購入に必要なポイントが付与される『月額ポイントプラン』も用意されています。

540円~5,400円までのコースが用意されており、最大で通常ポイントに1,200円分のボーナスポイントが加算されるので、通常よりもお得に書籍を購入できます。

書籍を頻繁に購入する人は、ポイントプランの利用を検討してみても良いでしょう。