ペットを飼うなら保険に加入を!安心できるペット保険のメリットとは?

ペットを飼うなら保険に加入を!安心できるペット保険のメリットとは?

近年、ペット医療が高度になるにつれてペットの寿命は延びていますが、その一方で医療費も高額になっています。

ペットに何かあった際に適切な治療をしてあげる為にも、ペット保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。



ペット保険はペットの健康には欠かせない存在!?

ペット保険はペットの健康には欠かせない存在!?

近年医療の発達に伴い、人間はもちろんペットの動物たちの寿命も以前より長くなってきています。

大切なペットと長い時間を過ごせるのは喜ばしいことですが、高齢化したペットは重い病気にかかるリスクも高くなるので、ペットの医療費の問題も出て来ます。

ペットは人間と異なり、公的な保険が用意されていないので、怪我を負ったり病気になった場合の治療費は全額自己負担となっています。

しかも、動物病院の診療費は自由診療となるため自由に設定することができ、地域や病院によっては相場以上の価格となってしまうこともあります。

そのため金銭的な問題もあり、人に比べて病院へ連れて行く心理的なハードルも高くなってしまうのです。

ペットに万が一のことが起きた時に、しっかりと治療をしてあげる為にも、ペットを飼っている方は一度保険への加入を検討することをおすすめします。

ペット保険に加入すべきメリットとは?

ペット保険に加入する一番のメリットは、ペットの怪我や病気の治療費の負担が大幅に減ることです。

ペットは病院にかかった場合、1回の治療で5,000~10,000円、手術や入院をすることになった際は数十万円かかることも少なくありません。

保険に未加入の場合には、飼い主が治療にかかった費用を全額支払わなければなりませんが、加入していれば給付金を受け取ることができるので、治療費が軽減できます。

金銭的な負担が大きいと、治療してあげたいとは思っても、動物病院へ行くことを躊躇してしまう飼い主の方も少なくありません。

しかし、保険に加入していれば病気や怪我を見つけた際に、すぐに病院へ連れて行ってあげることができるのでペットの健康を守ることができます

「加入したいけど使わない」はほぼ皆無

ペット保険の加入を考える際、一番心配になるのが「払ったお金が無駄になってしまうのではないか」という点です。

ペット保険を人間の医療保険の様に捉えている方が多いため、この様な不安を抱えている飼い主さんも少なくありません。

実際の統計を見てみると、ペットを飼っている方のうち年1回以上動物病院に通う方が90.7%もおり、しかも76.1%は年に複数回に渡って通院しています。

年1回だけであれば予防接種や健康診断、避妊・去勢手術という元気な状態での受診も考えられますが、8割近くの方が複数利用していることを考えると突発的な病気や怪我、経過観察のために医療費を支払っている方が非常に多いと言えます。

また、保険の契約件数と保険金の支払い件数を比較してみると、ペット1匹につき約年1回のペースで保険金が支払われているという計算になるため、想像以上に加入後の保険金請求は多く行われています。

ペットは命あるものですから、予想だにしない病気や怪我に見舞われてしまう事は少なくなく、加入しても保険を使わないということはほとんどありません。

保険はペットが元気なうちに入る!

ペットが元気でいると、ついつい「こんなに元気なんだから保険は必要ないのでは?」と考えてしまいがちですが、ペットが健康なうちに保険に加入することが重要です。

ペット保険会社によって異なりますが、病気にかかったことがある場合、病気の種類によっては保険に加入できないことがあります。

ガン(悪性腫瘍)、糖尿病、甲状腺疾患、心疾患など、種類は様々ですが、保険に加入しても補償前に発症したことのある病気では保険金が受け取れないこともあるので要注意です。

また、ほとんどの場合、ペットが高齢になってからでは保険に加入できないことが多く、ペット保険のPS保険でも、生後30ヶ月以上満8歳11ヶ月程が加入可能年齢となっているので、なるべく早く加入させるようにしましょう。

自分とペットに合った保険を選ぼう

ペット保険の保険金は、入院・通院・手術などの診療費用として支払われます。

ペット保険でチェックしておくべきポイントは、かかった診療費用のうちどれだけを保険金で受け取れるのかを示した「補償割合」と、最大で受け取れる保険金や最大何日の通院・入院が補償されるのかを示した「補償限度額・限度日数」です。

補償割合が50%のペット保険に加入していた場合、診療費で10万円がかかればその5割である5万円が補償されます。

補償限度額と限度日数は、補償割合に優先して適用されるので、その点も忘れずに頭に入れておきましょう。

保険に加入する目的が、ペットの入院・手術といった高額な治療費が必要になった場合に備える為なのか、風邪や怪我など、頻繁に起こり得る傷病に備えたいのかによっても、適用すべきプランは異なります。

また、保険料はペットの種類・品種や年齢、補償プランによって変化するので、複数の保険会社を比較して自分に合った保険を選ぶことが大切です。

保険スクエアbang!なら簡単にペット保険の比較が可能!

保険スクエアbang!なら簡単にペット保険の比較が可能!

保険スクエアbang!ペット保険』は、国内にあるペット保険11社と提携しており、保険会社と各ペット保険の商品概要について紹介しています。

サイトではペットの種類と年齢を入力すれば、加入可能なペット保険の補償内容と保険料の試算結果が表示されるので、簡単に各保険商品の比較が行えます。

加入したい保険が見つかれば、資料請求して加入手続きを郵送で行うことも可能な他、ネットから申し込みフォームを使って加入することもできます。

それぞれの保険会社の補償内容や保険料の比較に加えて、資料請求やネットからの加入申し込みまで可能なので、このサイト1つで自分にぴったりのペット保険を見つけることが可能です。

ペットに適切な治療をするためにもペット保険への加入を!

ペットに適切な治療をするためにもペット保険への加入を!

人と異なり、健康保険制度が適用 されないペットに万が一のことがあった場合、高額な医療費がかかる可能性があります。

経済的負担から十分な治療をしてあげられなかった、 となるのはペットはもちろん飼い主の方にとっても心苦しいでしょう。

ペットに何かあった時に経済的負担が軽減するのはもちろん、日頃からの心理的な負担も減らせるのでペット保険への加入は有効的と言えます。

大切な家族であるペットに健康でいて貰う為には、何をするべきなのかを一度じっくり考えてみましょう。