ダイエットは朝やると効果的って本当?手軽に取り入れられる方法はコレ!

ダイエットは朝やると効果的って本当?手軽に取り入れられる方法はコレ!

ダイエットをしようと思ってもなかなか続かず三日坊主になってしまう人もいるのではないでしょうか?

今回は、なかなかダイエットが続かない人でも手軽に出来る方法とダイエットの効果的な時間について紹介していきたいと思います。



ダイエットは朝のうちにやるのが効果的って本当!?

ダイエットは朝のうちにやるのが効果的って本当!?

ダイエットは朝食前の時間から始めよう!その理由って?

朝は何かと忙しいですが、ダイエットを効果的に行いたいなら朝の朝食前に始める事がおススメです。

その理由は、夜の就寝中は何も食べていないので体のエネルギーである糖質が減少している状態と言えます。

脂肪分は体内のエネルギーが減少してからの方が効果的に燃焼されます。

その為、エネルギーが減少していて朝の食事をとる前の時間に運動する事が、より効果的なダイエットをする事に繋がるのです。

また、夜寝ている際は副交感神経が優位になり眠気を促しますが、日中になるにつれ交感神経が優位になり体が活動的になります。

朝起きて運動をする事により、より早い段階で交感神経が優位に変わり、体が活動的になる事で基礎代謝が上がります。

代謝が良くなるという事は、消費カロリーも必然的に上がるため、運動の効率化がはかれるのです。

しかし、朝起きた状態は水分が失われていたり空腹状態で運動するのは良くないので、必ず水分や少し軽い物をとってから運動を始める様にしましょう。

「ダイエットは朝がいい」その理由は他にも!

朝から体を動かす事で、体温が上昇し冷え性の改善に一役買うほか、筋肉を使う事で血流も良くなります。

血流が良くなるという事は、体内に酸素や栄養素が行き渡り体の調子を整えるだけでなく、酸素が良く循環される事で脳の活性化にも繋がります。

脳が活性化する事により、思考力や集中力の向上も期待できます。

また、「朝活」という言葉がある様に、朝早くから活動する事によりすっきりとした気持ちでリフレッシュする事ができストレス解消にもなります。

その他、朝から積極的に活動し身体が適度に疲れる事によって、夜の眠りが深くなり、睡眠の質が上がります。

睡眠の質が上がる事によって、疲労回復の効率アップになるんです。

この様に、朝食前にダイエットを始めるだけでさまざまなメリットが得られるだけでなく、規則正しい生活リズムが作られ、長続きしなかったダイエットも習慣化しやすくなるのも嬉しい事の1つと言えるでしょう。

忙しい朝だからこそ手軽に運動したい!簡単にできる方法ってある?

まずは誰でも簡単に始められるストレッチ!

まずは誰でも簡単に始められるストレッチ!

いきなり「本格的な運動をしよう!」と思っても、朝早起きする習慣もついていないうちは毎日続けるのは難しいものです。

少しずつ毎日継続できるよう、まずは道具不要で誰でもできるストレッチから始めるのがおススメです。

朝寝た状態のまま身体全体を伸ばしたり、座ったまま片膝を立てた状態で身体を捻るなど、簡単に出来る事から始めましょう。

また、肩回りをほぐす事で肩こりの解消や、股関節を柔らかくする事で血流も良くなり、むくみの解消にもなります。

朝のシャワーやお風呂が習慣の人は、入浴後にストレッチをするとより効果が高まります。

昔ながらのラジオ体操も効果的!

昔ながらのラジオ体操も効果的!

子供の頃によく行ったラジオ体操は、筋肉と関節をバランスよく使うだけでなく、第一・第二と全てしっかり行うとそれなりの運動量となります。

一説によると、女性はラジオ体操たった3回分、男性は5回分で1日に必要な運動量を満たすと言われており、実はかなり運動効果の高い体操だったのです。

また、家の中で出来るので天候にも左右されず毎日行う事が出来、また、難しい動きがないので老若男女問わず誰でも行う事が出来る全身運動で、朝でも気楽に取り入れられるのも継続しやすいポイントです。

ラジオ体操は、続けて行うことでダイエット効果だけでなく、脳や内臓の機能を高め、免疫力アップやアンチエイジング効果も発揮するため、一石二鳥にも三鳥にもなりますよ。

ウォーキング・ジョギング・ランニングで脂肪を燃焼!

ウォーキング・ジョギング・ランニングで脂肪を燃焼!

朝の時間に余裕がある場合は、ウォーキングやジョギング、ランニングといった「歩く・走る運動」をするのも良いと思います。

これらの運動は有酸素運動にあたり、脂肪燃焼効果が期待できる運動と言われているため、朝活ダイエットにはうってつけの方法です。

筋肉をつける無酸素運動と違い、皮下脂肪や内臓脂肪を減らしてくれるため、健康的でスリムなボディラインが目指せるのもダイエットのポイントです。

ただし、今まであまり運動をしていなかった人がジョギングやランニングを急に始めると、体がついていけず怪我をしてしまう恐れがあります。

短い時間・短い距離から徐々に取り入れ、少しずつ運動時間を伸ばすようにしましょう。

時間がなかなか取れない場合は、通勤や通学の移動手段に歩く時間を入れるのも良いでしょう。

例えば、バスを1つ手前の停留所で降りてひと区間分歩いてみる、駅までの道のりを歩いてみる、エスカレータを使わず階段で歩くなど、無理のない範囲で取り入れていくといいでしょう。

ストレッチに慣れたら、筋トレもプラス!

ストレッチに慣れたら、筋トレもプラス!

人間の基礎代謝の半分以上は筋肉による働きですから、筋トレをして筋力を上げれば自然と消費カロリー量が高まり、ダイエットや太りにくい体作りに繋がります。

「いろんなダイエットをしたけれど、結局リバウンドしてしまう」という方も、この筋力不足が原因となっている事があるのです。

筋トレ方法は、スクワットや腕立て伏せや腹筋など色々とありますが、どのような方法でも朝から筋トレを行う際はウォームアップを行い、しっかりと体を温めてから行うようにしましょう。

体が温まっていない状態での急激な筋トレは、怪我をしたり心臓への負担がかかったり、呼吸数の上昇に伴い血圧の急上昇などに繋がる恐れも出てきますので注意が必要です。

かかと上げ運動

背もたれのある椅子の後ろの30センチほどに立ち椅子の背を軽く持つ。

両足を腰幅ほどに開く。

両足のかかとを真上に4秒かけあげます。

その状態を2秒ほどキープします。

そしてまた4秒かけてゆっくりとかかとを戻します。
(背筋を伸ばし、膝が曲がらない様に気を付けましょう。)

足の後ろ上げ運動

背もたれのある椅子の背に手をつきまっすぐ立つ。

足を腰幅ほどに開く。

背筋は伸ばし膝はまっすぐの状態をキープし、かかとから足を後ろへと持ち上げる。
(この時、上半身が倒れない様に注意し、腰が反らない程度に足を持ちあげましょう。)

持ち上げた足を1秒キープしゆっくり下ろします。

反対の足も同じことを行い、片足10回を1セットとし2~3セットを目途にチャレンジ。

続かなかったダイエットも、朝から手軽に行って習慣性と効率化を!

続かなかったダイエットも、朝から手軽に行って習慣性と効率化を!

ダイエットのやり方は様々ありますが、1番大切な事は継続する事です。

ハーバード大学医学部の研究によると、脂肪を溜め込む「白色脂肪細胞」は10週間以上続けて運動すると「イリシン」というホルモンの影響を受け、脂肪を燃焼させる「褐色脂肪細胞」と同じ働きを持たせられる事が分かっています。

つまり、最低でも3カ月間は継続できる運動を行う事がダイエットには大切であり、急にハードな運動を始めたところで継続できなければ意味がありません。

その為、効率的に出来てかつ生活習慣も整うなど嬉しいメリットがいっぱいの朝に楽しく簡単な運動からスタートして、理想の身体を手に入れましょう。

ちなみに、ダイエットの手法はたくさんありますが、自分に合った運動や方法を行わないと、効率が悪く、なかなか結果に繋がりません。

どのような方法が自分の向いているのか知りたいという場合は、遺伝子検査で解析をするのが有効です。

詳しくは、「遺伝子検査で効果的なダイエット!費用や方法、おすすめキットを紹介」で紹介していますので、併せて読んでみましょう。