背中ニキビを徹底ケア!今すぐ使いたい人気のニキビ用コスメ3選

背中ニキビを徹底ケア!今すぐ使いたい人気のニキビ用コスメ3選



知らぬ間に背中ニキビができる原因は?

ある日、夫に「背中にニキビできてるよ!」と言われ、ショックを受けた・・・なんて経験ありませんか?

普段自分であまり見ていない背中は、お手入れを放っておくと知らぬ間にニキビができてしまっていることがあります。

手が届きにくい場所だからといって、ケアが疎かになっていませんか?

まずはその背中のニキビ、何故できてしまっているのか考えてみましょう。

原因1.皮脂の分泌が過剰になっている

原因1.皮脂の分泌が過剰になっている

顔と同じ様に背中の皮膚にも、皮脂を分泌する腺がたくさんあります。

皮脂は本来、お肌を守るために分泌されているのですが、これが過剰に分泌してしまうと毛穴が詰まり、背中ニキビが起こります。

皮脂の過剰分泌は、ストレスによって交感神経が高ぶることで、男性ホルモンが多くなることで起こります。

仕事が忙しい、夫と喧嘩してしまった、十分に眠れていない・・・とストレスフルな生活を送っていると、背中ニキビができやすくなります

また、生活習慣も皮脂の分泌量に関わっていて、特に肝臓に負担をかける生活行動が皮脂の分泌を増やすと言われています。

甘い物、油っぽい物、刺激物を食べ過ぎている、タバコを吸う、お酒を飲み過ぎる、運動不足になっている等の生活が当てはまる時は要注意です。

原因2.ターンオーバーが乱れている

原因2.ターンオーバーが乱れている

美肌状態を維持するためには、皮膚の代謝であるターンオーバーが正常に行われていることが大切です。

背中は顔に比べて、下着や服の刺激を常に受けているので、顔よりもターンオーバーが乱れがちになっています。

ターンオーバーが乱れ、古い角質がきちんと取り除けていない状態が続くと、分泌された皮脂がきちんと外へ排出されなくなってしまいます。

すると、皮脂で毛穴が詰まりやすくなり、放っておくと背中ニキビができてしまうのです。

原因3.保湿お手入れが不足している

原因3.保湿お手入れが不足している

最近の医学の研究では、ニキビで悩んでいる患者は、皮膚の角質層で保湿の役割を持つ「セラミド」の量が少なく、お肌のバリア機能が低下しているという事が分かっています。

皮膚の保護機能が障害されてしまうと、肌は皮膚の表面を厚くして体を守ろうとするのですが、その際毛穴の詰まりが起こりやすく、ニキビの原因となるアクネ菌が内部に溜まった皮脂をエサにして増殖してしまうのです。

背中ニキビができたらすぐ実践!ニキビ対策ボディケア方法

では、背中ニキビができたら、どの様なケアを行えば良いのでしょうか。

まずは、今すぐ実践できる日常のボディケアについて、正しい情報をお伝えします。

体はゴシゴシ洗わないで!

体はゴシゴシ洗わないで!

お風呂で体を洗う時、ボディタオルは使っていますか?

硬めのボディタオルは洗った実感があって気持ちが良いものですが、強い摩擦によって肌が弱くなり、背中ニキビが治りにくくなってしまいます。

ボディタオルを使用するのであれば、フワフワとした柔らかい感触のものを選び、優しく洗うように心がけましょう。

また、お風呂のお湯やシャワーの温度が熱すぎると、皮膚が乾燥しやすくなるため、背中のバリア機能が低下してしまう可能性があります。

湯温は38~40℃になるように設定し、肌を労わることが背中ニキビ改善の第一歩です。

ボディーローションだけでは保湿不足に・・・

ボディーローションだけでは保湿不足に・・・

お風呂上りのボディケアには、保湿をしっかり行うことが大切です。

ローションタイプを使用している方もいると思いますが、実は液体状の化粧品だけでは背中ニキビが悪化する危険性があります。

液体のボディーローションだけを使用していると、肌につけてもせっかく配合されている保湿成分がきちんと内部に浸透しない可能性があるからです。

また、アルコール成分が含まれているものは蒸発しやすく、その影響でお肌がより乾燥しやすくなってしまう事があります。

背中ニキビができている時のケアには、皮膚に留まりやすいゲル状の化粧品を使ったり、ローションの後に油分の入ったクリームを使うなどして、効果的に保湿する様心がけましょう。

ニキビができている間は、肌に優しい素材を着用

ニキビができている間は、肌に優しい素材を着用

背中の皮膚は過剰な摩擦刺激を受けると、ターンオーバーが乱れてしまい、背中ニキビが治りにくくなってしまいます。

できるだけ肌に負担をかけない様にすることが、背中ニキビを早く治す方法ですが、スキンケアだけでなく下着や服の素材にも気を遣いましょう。

最も刺激が少ないのはシルク(絹)素材で、肌荒れの酷い方、乾燥肌の方、アトピーの方などにもおすすめされています。

シルクの次に摩擦が少ないとされているのは、コットン(綿)素材で、こちらはシルクに比べて手ごろな価格で購入できるため、一番選びやすいと思います。

ファストファッションなどの安い衣料品によく使用されている化学繊維(ポリエステルなど)は、摩擦が強いため、背中ニキビができている間は控えてください。

下着や洋服の摩擦を最も受けているのは背中なので、見えなくとも背中に優しい素材を選んでニキビをケアしましょう。

背中ニキビを一網打尽!評価の高い背中ニキビケア3つ

できてしまった背中ニキビは、1日も早く改善させたいものです。

上記のケア方法ももちろん効果的ですが、少しでも早くニキビを治したいという方は、ニキビ専用コスメを使ってみましょう。

背中ニキビに効果的な成分が配合されているので、普段のボディケアと代えて使えば、より早く綺麗な背中が作れます。

ここでは、ニキビ専用コスメの中でも、特に人気の高い3種類をご紹介します。

手島優愛用の美背中ジェル『ジッテプラス』

ジッテプラス

背中の皮膚は顔の5倍の厚さだから、奥までしっかり浸透することを大切に高保湿処方を実現しています。

その秘密は、独自成分の「アクシア‐トリプルヒアルロン酸」で、大きさの違う3種類のヒアルロン酸に浸透を助けるナノセラミドが配合されています。

皮膚表面から角質層の奥までしっかりと潤いを届けることが出来るので、背中ニキビをしっかりとケアできるのです。

また、水分と油分のバランスにも注目し、黄金バランス「水分8:油分2」を目指した絶妙な油分も配合しているので、蒸発の心配もありません。

満足度96%の医薬部外品『ジュエルレイン』

ジュエルレイン

薬用成分を配合し、効果的に背中ニキビにアプローチします。

ニキビの炎症にはグリチルリチン酸ジカリウム、角質の軟化とアクネ菌の抗菌にはサリチル酸を配合しました。

繰り返すニキビも徹底ケアできるから、美しい背中を作り出せる化粧品です。

ターンオーバーの乱れを整える保湿成分もたっぷり配合し、素早く超保湿を実現するので、背中ニキビができないお肌を作ります。

使用者の96%が満足と答える実力派なので、背中ニキビ対策に迷っている方、市販品では効果を感じられなかった方にもおすすめです。

美容サロンオーナーが開発『SARASUBE(サラスベ)』

SARASUBE(サラスベ)

3000人以上の背中を見てきた現役リンパエステティシャンが開発した、美背中を作るゲルクリームです。

ティーツリー、ユーカリ、サリチル酸が背中の汚れや不要な菌を綺麗に整え、ニキビの原因を除去します。

さらに、和漢成分やプラセンタをはじめとする保湿成分を配合し、背中の潤いを逃がしません。

厳選された美容成分は65種類も使われており、自然成分にこだわった優しい処方です。

チューブタイプなので指や空気に触れにくく、毎日衛生的にケアできます。

背中以外にも腕、胸、お尻などボディ全体に使用できるため、背中ニキビだけでなく、腕やモモのブツブツにも使用OKです。