【プロ執筆】歯茎の腫れを発見!起こった原因と治し方を紹介

【プロ執筆】歯茎の腫れを発見!起こった原因と治し方を紹介

口の中のトラブルは虫歯だけではありません。

歯茎の腫れは放っておくと、症状によっては歯周病で歯を失ってしまう可能性があります。

そうならないためにも、歯茎のケアにも日頃から気をつけて、腫れている状態を見つけたら早めに対処しましょう。



痛みがある歯茎の腫れ、痛みのない歯茎の腫れ、原因は何?

痛みがある歯茎の腫れ、痛みのない歯茎の腫れ、原因は何?

歯茎が腫れると食事をしたりするのにとても不快ですよね。

炎症がひどくなると、出血するようになります。炎症がさらに進むと膿が出たりと、口臭も伴います。

痛みがあれば歯医者に行くでしょうが、痛みがなければそのまま様子を見る方もいるかもしれません。

しかし、痛みがないからとそのままにしておくと、症状はどんどん進行していくのです。

正しい原因を知って、自分の歯を大切に保ちましょう。

歯茎が腫れる原因

歯茎が腫れる原因は、年齢によっても違いますが、ここでは、主に考えられる5つを挙げてみましょう。

下記ように歯茎の腫れだけでも色々と原因があるため、痛みがないからと放置せず、1度歯医者に行くことをオススメします。

1.歯肉炎や歯周炎

歯肉炎は歯茎だけが腫れることを言い、歯垢や歯石が原因で起こります。

歯周炎では、歯を支えている歯槽骨が溶け出します。これは歯肉炎が進行していくと起こる症状です。

2つとも歯垢の中の細菌によって起こるもので、共に痛みはなく進行していく病気です。

2.細菌によって腫れる

虫歯や歯をぶつけることにより、歯の根の方が感染して、歯茎の腫れが起こることがあります。見た目は大きく腫れるのではなく、1箇所だけプクっと腫れます。

子どもは特にケガが多いので、外傷によっての歯茎の腫れは多いです。

ただ、外傷した直後に腫れるのではなく、だいたい一週間後くらいに歯の色が変わり、腫れます。

これは歯を噛み合わせると痛みが出て、放っておくと歯を支えている骨を溶かしていきます。

3.親知らずや、生えかけの永久歯の周囲の歯茎の腫れ

大人だと親知らず、子どもは生えかけの永久歯が歯垢で汚れていると、そこから細菌が入り腫れて痛みを訴えます。

奥歯になるとどうしても歯ブラシが届きににくいですが、歯ブラシに気をつけていても、体調が優れない時などには腫れやすくなります。

4.抜歯した時に残っていた歯の破片

抜歯して歯の根が少し残ったとしても、だいたいはそのまま消えます。

ですが、時に炎症を起こすことがあり、歯茎の腫れとして症状が出ます。

5.腫瘍

歯周病や細菌が原因ではなく、時にはガンや顎の骨の炎症によっても歯茎が腫れるのです。

ガンの場合、初期では痛みがないため、歯周病と間違われやすいです。

すぐに歯医者に行かれない!そんな時はどうする?

休日や夜間に歯茎の腫れに気付いても、歯医者が開いていなければ行かれませんよね。

でも痛みがあって我慢出来なかったら、自宅で応急処置で対処しましょう。

自宅での対処法

自宅での対処法

自宅での対処法はあくまで応急処置です。

痛みが無くなったからとそのままにせず、1度歯医者に行きましょう。

1.冷やして安静にする

痛みがある場合には、外から冷やすことで痛みを軽減出来ます。

疲れているときは安静を優先しましょう。

2.市販の痛み止めを飲む

痛みがあると食事も進まず、ますます体力が落ちてしまうので、痛み止めを飲むといいでしょう。

大人と子どもによって使える薬や用量が違うので、きちんと確認をしてから飲みましょう。

3.うがい薬で消毒

喉の炎症の時に使ううがい薬は、細菌の殺菌にも有効なので、うがいをするのもいいでしょう。

歯科医院での治療法

歯科医院での治療法

痛みがないとついついそのままにしがちですが、痛みがなくても正しい治療をして、歯茎の腫れを治しましょう。

原因 治療法
歯肉炎や初期の歯周炎 基本的には歯磨きと、歯石取りで徐々に回復していくでしょう。
しかし、歯周炎が進んでいくと、腫れた歯茎を切除する手術を行なうこともあります。
虫歯、外傷によるもの まずは原因となる歯の治療と、腫れた部分の膿を出します。
歯医者で抗生物質が出されますので、それを飲めば徐々に治ります。
親知らずや生えかけの永久歯の周りの炎症 親知らずは抜歯をすれば、腫れなくなります。
生えかけの永久歯の周りが腫れている場合は、痛みがなければ歯磨きで様子を見て、痛みがあれば、レーザーで簡単に腫れた部分を切除してあげれば大丈夫です。
残っている歯の破片 歯茎を切開して残っている破片を除去すれば、徐々に痛みは引きます。
腫瘍

手術によって除去します。

虫歯がなくても定期的な検診を!

虫歯がなくても定期的な検診を!

「痛みがなければ歯医者に行かない」という人も多いはずです。

痛みが出て歯医者に行った時には、重度の歯周病だったりすることもあるのです。

日頃から自分でのセルフケアはもちろん、歯医者でのプロによるケアを受けて、歯と、歯を支えている骨や、歯茎の健康にも気をつけていきましょう。

この記事を書いた専門家

茉莉子/歯科衛生士

歯科衛生士として15年以上歯科医院に勤務し、様々な年代の人に口腔ケアの指導や施術を行う。

小児歯科の経験も豊富で、子育て中の保護者や子どもに対するアドバイスも得意。